信頼の安定感!抜群の決定力!観客を魅了する“バイプレイヤーズ”ワールドカップ

世界中が熱狂するサッカー・ワールドカップロシア大会が、ついに開幕。そこで今回は、どんな局面においても圧倒的実力と安定感で期待以上のプレーを見せてくれる世界各国の名脇役=バイプレイヤーたちに注目。

最新ニュース
ヘレナ・ボナム=カーター&ドーナル・グリーソン -(C) Getty Images/サイモン・ペッグ&新井浩文
  • ヘレナ・ボナム=カーター&ドーナル・グリーソン -(C) Getty Images/サイモン・ペッグ&新井浩文
  • サイモン・ペッグ/『スター・トレック BEYOND』ジャパン・プレミア
  • トム・クルーズ&レベッカ・ファーガソン-&サイモン・ペッグ&クリストファー・マッカリー-(C)Getty Images
  • 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『おみおくりの作法』-(C) Exponential (Still Life) Limited 2012
  • ジュード・ロウ&ロバート・ダウニー・Jr.(C)Getty Images
  • 『オーシャンズ8』(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
世界中が熱狂するサッカー「2018 FIFA ワールドカップ」(W杯)ロシア大会が、ついに開幕。そこで今回は、どんな局面においても圧倒的実力と安定感で期待以上のプレーを見せてくれる世界各国の名脇役=バイプレイヤーたちに注目。彼らがいるからこそ、値千金の“ゴール”が生まれる! いずれも、映画界には欠かせない名優たちばかりがそろった。

<イングランド>まずはサッカー発祥の地から


『レディ・プレイヤー1』での名アシストぶりも記憶に新しいサイモン・ペッグは、『スター・トレック』シリーズのほか、『ミッション:インポッシブル』シリーズでスーパースター、トム・クルーズ扮するイーサン・ハントの右腕ベンジー役としておなじみ。最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』でもその活躍が楽しみだ。今夏はマーゴット・ロビーと共演した『アニー・イン・ザ・ターミナル』も控えている。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
『ミッション:インポッシブル3』にも出演し、主演作『おみおくりの作法』でも知られるエディ・マーサンは、『デッドプール2』で火の玉少年ラッセルがいたミュータント養護施設の理事長を怪演中。ロバート・ダウニー・Jr×ジュード・ロウによる『シャーロック・ホームズ』シリーズのレストレード警部でもある。

『おみおくりの作法』-(C) Exponential (Still Life) Limited 2012『おみおくりの作法』は主人公を好演
女優では、『ハリー・ポッター』シリーズのベラトリックス・レストレンジ役で知られるヘレナ・ボナム=カーターがピカイチ。『アリス・イン・ワンダーランド』など元パートナーのティム・バートン作品の常連でもあり、豪華女優の競演が話題の『オーシャンズ8』では“何かをやらかしそうな”クセ者のファッションデザイナーを演じている。

『オーシャンズ8』(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC『オーシャンズ8』でアン・ハサウェイを偵察!?

<アイルランド>親子鷹のグリーソン親子ほか技巧派多数


『ピーターラビット』『ピーターラビット』仲直りできたかな…?
残念ながらW杯には出場が叶わなかったが、アイルランドもまた名優の宝庫。『ピーターラビット』でウサギと激闘を繰り広げるドーナル・グリーソンは、『スター・ウォーズ』シリーズのハックス将軍から『アバウト・タイム』の好青年まで役の振り幅はお見事。実父ブレンダン・グリーソンと『ハリー・ポッター』シリーズにも出演している。ブレンダンは『パディントン2』では、強面封印(?)で刑務所のコック担当ナックルズを好演。

『パディントン2』(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.パディントンと友達に…
また、「SHERLOCK/シャーロック」で人気のアンドリュー・スコットは『007 スペクター』、「ゲーム・オブ・スローンズ」のエイダン・ギレンは『メイズ・ランナー』シリーズへの参加でも知られる実力派。ジェシカ・チャステイン主演『モリーズ・ゲーム』のクリス・オダウドは、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でも演じたようなちょっぴり情けないオジサンがハマり役。


<スウェーデン>北欧からはあの“最強一家”のパパ


長男アレクサンダーが“現代のターザン”、四男ビルが“世界最恐のピエロ”として一躍有名になった名優ステラン・スカルスガルドは、北欧を代表する最強芸能一家の司令塔。『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』シリーズといった娯楽大作から、コメディ、社会派までこなせるキャリア50年超えのベテラン。今年は『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』で引き続き“三賢人”の1人を演じるほか、主演を務めた大人のラブストーリー『男と女、モントーク岬で』が現在公開中。

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(c)Universal Pictures『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』でビル役を続投

<アメリカ>クセが強すぎ!? ハリウッドの名脇役たち


『スリー・ビルボード』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたウディ・ハレルソンは、近年では『ハンガー・ゲーム』シリーズや『猿の惑星:聖戦記』など超大作が続いており、次回作は『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。新星オールデン・エアエンライク演じる若きハン・ソロと師弟関係になるベケットという大役を担っている。

『スリー・ビルボード』(C)2017 Twentieth Century Fox人々から慕われる警察署長だったが…『スリー・ビルボード』
また、『スター・ウォーズ』俳優にして、『アベンジャーズ』シリーズから『キングスマン』、タランティーノ監督作品まで、数多くの作品で変幻自在の姿を見せるのがサミュエル・L・ジャクソン。ディズニー/ピクサー『インクレディブル・ファミリー』では前作に引きつづき、Mr.インクレディブルのヒーロー仲間フロゾンの声を務めるなど、声優の仕事も数多くこなす。

サミュエル・L・ジャクソン/『キングコング:髑髏島の巨神』ジャパンプレミア『キングコング:髑髏島の巨神』ジャパンプレミアにて
ディズニー実写版『美女と野獣』で声を務めたスタンリー・トゥッチは、『プラダを着た悪魔』でもお馴染み。『トランスフォーマー』シリーズ、『ハンガー・ゲーム』シリーズなどの大作からアカデミー賞受賞作『スポットライト 世紀のスクープ』などまで幅広く活躍、最近はジェフリー・ラッシュ×アーミー・ハマーの『ジャコメッティ最後の肖像』で監督業も務めた。

メリル・ストリープ&スタンリー・トゥッチ&アン・ハサウェイ (C) Getty Images『プラダを着た悪魔』でお馴染みのスタンリー・トゥッチ
アカデミー賞といえば、本年度作品賞『シェイプ・オブ・ウォーター』にノミネート作の『君の名前で僕を呼んで』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』と3作品の重要な局面に登場し、バイプレーヤーとして一躍知られるようになったのがマイケル・スタールバーグ。海外ドラマの「ボードウォーク・エンパイア」やユアン・マクレガー主演「FARGO/ファーゴ」シーズン3で目にした方もいるかもしれない。

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefactureティモシーの父親役を演じた『君の名前で僕を呼んで』
『ペンタゴン・ペーパーズ』には、“マット・デイモン似”俳優として知られ、「FARGO/ファーゴ」シーズン2で共演したキルスティン・ダンストと結婚したジェシー・プレモンスの姿も。『バトルシップ』『ブラック・スキャンダル』や海外ドラマ「ブレイキング・バッド」など、数々の作品で存在感を発揮している。

さらに、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』でアカデミー賞助演女優賞を受賞し、その後、『ドリーム』『シェイプ・オブ・ウォーター』と2年連続で同賞にノミネートされた名バイプレイヤーといえば、オクタヴィア・スペンサー。『gifted/ギフテッド』でも好演を見せており、目的に向かって突き進む主人公へのフォロー力は世界トップレベル。

『ドリーム』(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.NASAを支えた黒人女性たちのまとめ役に『ドリーム』

南米からは<メキシコ>弁の立つお調子者&<ブラジル>超絶イケメン


両親がメキシコ移民で、米シカゴで生まれ育ったマイケル・ペーニャは、『オデッセイ』や『アントマン』などでの口達者な(?)キャラクターが印象深い。もちろん、この夏の『アントマン&ワスプ』では、アントマンことスコット・ラング(ポール・ラッド)の仲間ルイス役で名コンビぶりを再び発揮してくれるはず。

マイケル・ペーニャ-(C)Getty Imagesムードメーカー的存在のペーニャ
また、『ラブ・アクチュアリー』の草食系同僚男子から『300』シリーズの筋骨隆々な金色の王までこなすのが、ブラジル出身のロドリゴ・サントロ。歴史大作『ベン・ハー』(2016年版)ではイエス・キリスト役を演じたほか、『フォーカス』では詐欺師たちのターゲットになる大富豪、海外ドラマ「ウエストワールド」でも重要な“ホスト”を演じており、カリスマ性あふれる姿で観る者を釘付けにする。

ロドリゴ・サントロ/『ペレ 伝説の誕生』 (C)2015 Dico Filme LLC 『ペレ 伝説の誕生』ではサッカー解説者を演じた

<オーストラリア>悪役もハマる実力派ばかり


オージーからは“攻守”の切り替えが見事な2人をチョイス。スティーヴン・スピルバーグという“名将”たっての起用だった『レディ・プレイヤー1』、さらに『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』での悪役で知られるベン・メンデルソーン。その一方で、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で吃音症を克服した英国王ジョージ6世を演じた姿は新鮮だった。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.チャーチルが苦手だった(!?)英国王に
ジョエル・エドガートンは、『レッド・スパロー』では妖艶なスパイに翻弄されるCIAを演じたかと思えば、Netflixオリジナル映画『ブライト』では“オーク”の警官に、『ラビング 愛という名前のふたり』では平穏な結婚を望む朴訥な夫に扮した。ホラー作品『ザ・ギフト』で監督や脚本家としても実力を発揮、ニコール・キッドマンやラッセル・クロウが出演する新作も待機する。

『レッド・スパロー』 (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporationジェニファー・ローレンス演じるスパローに誘惑される…

<韓国>層が厚く、名優ぞろい


圧倒的な層の厚さを誇る韓国勢では、まず映画『焼肉ドラゴン』のキャスト陣に注目。真木よう子、井上真央、桜庭ななみの父親を演じるキム・サンホは『ビューティー・インサイド』『海にかかる霧』など、母親役のイ・ジョンウンは『母なる証明』『哭声/コクソン』『オクジャ/okja』などで知られる名脇役。

『焼肉ドラゴン』(C) 2018「焼肉ドラゴン」製作委員会日韓の豪華キャストで贈る『焼肉ドラゴン』
また、『新感染 ファイナルエクスプレス』での活躍で大きな注目を集めたのが、マ・ドンソク(国籍はアメリカ)。今年は「SHINee」ミンホと共演した『アンダードッグ 二人の男』、マタニティコメディ『グッバイ・シングル』、アツい刑事役で主演した『犯罪都市』と3作が公開され、人気上昇中だ。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.マ・ドンソク人気は日本でも加速
そして、名優ソン・ガンホ主演で1980年に実際に起こった光州事件を描いた『タクシー運転手』、ヒョンビンの相棒を務めた『コンフィデンシャル 共助』などのユ・ヘジン。昨年は日本映画『鍵泥棒のメソッド』を原案にした主演作『LUCK-KEY ラッキー』が本国で大ヒットした。

『コンフィデンシャル/共助』(C)2017 CJE&M CORPORATION, ALL  RIGHTS RESERVEDヒョンビンと名コンビに『コンフィデンシャル 共助』

<日本>新世代のバイプレイヤーたちに注目


サッカーを愛した大杉漣をはじめ、遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊らの「バイプレイヤーズ」が人気を博した日本では、今回、その次の世代たちに注目。「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」でディーン・フジオカに復讐される“小物男”を演じた新井浩文は、『葛城事件』から『百円の恋』『バクマン。』『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』など、その振り幅には定評がある。松田龍平主演『泣き虫しょったんの奇跡』では、ちょっと“うっとうしい”棋士を演じるというから楽しみ。

『泣き虫しょったんの奇跡』(C)2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社『泣き虫しょったんの奇跡』個性的なキャラがハマる
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』が公開中の安田顕もまた、大泉洋らの「TEAM NACS」のメンバーでありつつ、ドラマ「正義のセ」の検察事務官・相原から『銀魂』の村田鉄矢まで、ジャンルを問わず縦横無尽の変身を見せ、常にインパクトを与えてくれる存在だ。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』本ポスター (C)2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会榮倉奈々に翻弄されっぱなし…『妻ふり』
元モデルで、飄々とした独特の存在感が売りの渋川清彦は、コミカルな役柄はもちろん、「モンテ・クリスト伯」でのような悪役もこなせることで知られる。何と今年は、主演作2本に加え、『パンク侍、斬られて候』『ルームロンダリング』『菊とギロチン』『泣き虫しょったんの奇跡』などが続々公開に。

『ルームロンダリング』(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会池田エライザが出会う幽霊(!)に『ルームロンダリング』
『ピンポン』のアクマ役や「西遊記」(’06年版)の老子役が印象深く、これまで様々なキャラクターを演じてきた大倉孝二は、池松壮亮主演『君が君で君だ』でなんと坂本龍馬に扮する。『空飛ぶタイヤ』や『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』『検察側の証人』など出演作が目白押しだ。

『君が君で君だ』(C)2018「君が君で君だ」製作委員会池松壮亮は尾崎豊、満島真之介はブラピ…『君が君で君だ』
『空飛ぶタイヤ』では、4歳のときから子役として活動し、名バイプレイヤーへと成長した浅利陽介がすべての始まりとなるトレーラー脱輪事故の被害者家族を熱演。この夏の最注目日本映画の1つ『劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』でも、さらに成長した姿を見せてくれるはず。

「コード・ブルー」『劇場版コード・ブルー』は1つの区切りに
ここに挙げた俳優たちは、まだまだほんの一部。あなたのお気に入りのバイプレイヤーは見つかった?
《text:Reiko Uehara》

関連ニュース

特集

page top