松坂桃李&佐藤健らを抑え2018年話題となったドラマがトップに!インタビュー読者ランキング<国内編>

シネマカフェでは今年活躍した日本の俳優・脚本・監督たちに独自取材した記事の中でもっとも読まれたインタビューランキングを発表!

最新ニュース
2018年シネマカフェインタビュー
  • 2018年シネマカフェインタビュー
  • 桜井日奈子『ういらぶ。』/photo:Tatsunori Iwama
  • 桜井日奈子『ういらぶ。』/photo:Tatsunori Iwama
  • 『ういらぶ。』(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館
  • 安藤サクラ&リリー・フランキー『万引き家族』/photo:You Ishii
  • リリー・フランキー『万引き家族』/photo:You Ishii
  • 安藤サクラ『万引き家族』/photo:You Ishii
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
2018年もあと数えられるほどになった今日この頃。1年をふり返ると“VOD”動画配信の普及や、『カメラを止めるな!』や「おっさんずラブ」の社会現象化、『名探偵コナン ゼロの執行人』安室透のマルチ的活躍、是枝裕和監督『万引き家族』カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞など映像周りで多くの人の心を動かしてきた。

そこでシネマカフェでは今年活躍した俳優・脚本・監督たちに独自取材した記事の中でもっとも読まれたインタビューランキングを発表!

10位:桜井日奈子『ういらぶ。』



桜井日奈子『ういらぶ。』/photo:Tatsunori Iwama
「岡山の奇跡」の愛称でメディアに彗星の如く現れた桜井日奈子は、透明感のある佇まいで、数々の作品で印象を残し続けている。2年間で映画やテレビドラマ、舞台、CMと引っ張りだこの現状からラッキーガールと言われそうだが、走り続けているその足には、女優としての脚力が確かについている。ヴェールに包まれた桜井さんの内に潜む、思いがけないほどのパワーや強い意志は、インタビューでこの後、語られることになる。

>>可憐な雰囲気とウラハラの強い意志「プロだから、いいものを作りたい」

9位:リリー・フランキー×安藤サクラ『万引き家族』



安藤サクラ&リリー・フランキー『万引き家族』/photo:You Ishii
「是枝さんってすごくナチュラルなセリフを書く人なんですけど、その中にたまに、セリフらしいセリフが入ってくることがあるんです」。『万引き家族』で4度目の是枝裕和作品への出演を果たしたリリー・フランキーは言う。「そういうセリフにこそ、是枝さんが言いたいことがかくれていたりするんだけど、是枝さんの中で、そういうセリフらしいセリフを言わせる役者さんって今までは希林さんだった気がする。セリフに聞こえないスゴさがあるから」。

今回、その重要な役割を担ったのが、是枝作品初出演となる安藤サクラだった。昨年、プライベートで母となった彼女だが、出産後、初めて臨んだ本作でも一家の“母”を演じている。「母性も母乳もだだ漏れの現場でした(笑)」――。そう楽しそうに現場をふり返った。

>>憤りと切なさと母性…そして社会に蔓延する「絆」

8位:井上真央『焼肉ドラゴン』



井上真央『焼肉ドラゴン』/photo:You Ishii
「最低、最悪やろ!」と目を吊り上げ怒号を響かせながら登場するファーストシーン。そこに映る井上真央の姿は、これまで観たことのないようなパンチの効いた迫力だった。映画『焼肉ドラゴン』で井上さんが演じた梨花は、昭和45年、万博で盛り上がる大阪の片隅で、強く明るく逞しく生きる女性だ。「ここまで攻撃的な役ははじめて」と語った井上さんに、作品への思いや、女優としてのスタンスなどを聞いた。

>>「より直感的に」女優としての新たな発見

7位:佐藤健『億男』



佐藤健『億男』/photo:Yosuke Koino
『るろうに剣心』シリーズ、『バクマン。』、『亜人』――映画だけでも代表作を挙げればキリがない。佐藤健とは、最善のいまを常に更新し続ける、貪欲な俳優である。酸いも甘いも噛み分けたような表情で淡々とインタビューに答えながらも、あるときでは、やんわりと微笑みを広げ、質問を面白がったりする。かと思えば、スッと薄いガラス扉を隔てて向こうにいってしまったかのような、心地よい緊張感さえ持ち合わせる。29歳にして、対象者により代表作や好きな作品が異なってくる、佐藤さんの計り知れない魅力は『億男』でも如何なく発揮されている。

>>「20代ロス」の先には何が見える? 貪欲な俳優の胸の内

6位:舞踏家・小森悠冊『グレイテスト・ショーマン』



小森悠冊『グレイテスト・ショーマン』/photo:You Ishii
NYで生まれ、一流ダンサーの母・小森美紀の影響を強く受け、舞踏家として育った小森悠冊は、2016年、初めて映画のオーディションを受け、『グレイテスト・ショーマン』にてチャン&エン兄弟のチャン役を射止めた。多種多様な人物が躍動する物語の中で、小森さんは唯一の日本人キャストとして抜擢。これまで舞台をベースに活動してきた小森さんにとっては、初のハリウッド映画出演となった。「撮影よりも取材のほうが緊張しますよ(笑)」と屈託なく微笑んだ彼に、作品への思い入れやヒューに受けた影響、NYでの活動や、ポジティブなマインドの秘訣まで、話を聞いた。

>>舞踏家・小森悠冊が大都会NYで舞う理由

5位:田中圭『伊藤くん A to E』



田中圭『伊藤くん A to E』/photo:You Ishii
部屋に入ってきた瞬間、空気がパッと華やいだ。こう言っては失礼かもしれないが、隣りのお兄さんのようないい意味での普通っぽさが持ち味だとイメージしていた。だが、『伊藤くん A to E』完成披露試写の舞台挨拶を終え、スーツ姿で取材場所に現れた田中圭は身のこなしも優雅。表情や仕草に余裕があり、写真撮影ではジョークで周囲の緊張をほぐしてくれる。その振舞いは、スランプに苦しむ女性脚本家や関わる女性たちを翻弄しまくるイケメン“痛男”伊藤くんたちが繰り広げるドラマを見守るプロデューサー、田村という劇中の役どころと重なるようにも思える。10代でデビューしてから17年、着実にキャリアを積み重ねてきた田中さんに、演技について、女性観について聞いた。

>>安心キャラで落ち着きたくない――迷わず挑戦し続ける

4位:有岡大貴×成田凌×新木優子×馬場ふみか『劇場版 コード・ブルー』



馬場ふみか&成田凌&新木優子『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』/photo:You Ishii
『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』では、さらなる輝きを見せる彼らに、また会える。そこには、若き出演者ら――有岡大貴、成田凌、新木優子、馬場ふみか――の存在も欠かせない。ドラマシリーズの撮影現場では、すでに出来上がっているチームに入る緊張感があったと語った4人だが、劇場版では打って変わり「ホーム感に満ちていた」と異口同音に唱え、微笑み合う。その陰には、当然5人の先輩俳優がいたからだと、感謝の気持ちをにじませた。

>>視聴者から演者へ『コード・ブルー』が与えたもの

3位:松坂桃李『娼年』



松坂桃李『娼年』/photo:You Ishii
一糸まとわぬ姿で多くの女性と交わる様子が、観客の元へ幾度も届けられる。期待、好奇、欲望、嫉妬――様々な視線がスクリーンの中の松坂桃李、もといリョウの元に降り注ぐ。妥協のない描写からR18+指定の本作。セックスシーンのバリエーションはさすがの豊かさでありながらも、醸す行為がすべて下世話に終わっていないところに作品に宿す思いを見る。

>>悔いはない――R18+『娼年』は30代に向けての“挑戦”

2位:脚本家・徳尾浩司「おっさんずラブ」<前編>



土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」(C)テレビ朝日
相手を真っすぐに想うという切実でピュアな描写が視聴者に受けたこと、さらに、メインキャストの田中圭、吉田鋼太郎、林遣都らの名演も相まって春ドラマを席巻した「おっさんずラブ」。本ドラマの仕掛け人のひとり、脚本家の徳尾浩司は「作っているのも、撮っているのも、おっさんですからね」とニコニコと微笑みながら、ファンタジーとキュンキュンが絡み合うストーリーバランスの肝を語った。「ロスが怖くて逆に見られない」と嘆くOL(おっさんずラブ)ラヴァーに、徳尾さんの誠実な声を届けたい。

>>少女漫画をおっさんが全力でやっている――「おっさんずラブ」の“偏見のない世界”<前編>

1位:脚本家・徳尾浩司「おっさんずラブ」<後編>



「おっさんずラブ」ドラマ版ポスター (C)テレビ朝日
笑いと涙、感動で幕を下ろした土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」。田中圭、吉田鋼太郎、林遣都が演じた、いい年をした男性同士が、とにかくピュアな恋愛模様を繰り広げた本ドラマは、Twitterの世界トレンド1位に「#おっさんずラブ」がランクインするほど、2018年春ドラマの台風の目となった。最終回を迎え、「明日から何を楽しみに日常を送ればいいのか…」と愕然としているOL(おっさんずラブ)ロスの方々に、脚本家・徳尾浩司からのメッセージを届けたい。本インタビューでは、最終回で「書くのを悩んだ」という台詞について、「おっさん」について、まさか? よもや? どうなる? 気になる続編についての想い等々を明かしてもらった。

>>「おっさんずラブ」ロスに捧ぐ――最終回「書くのを悩んだ」セリフとは?<後編>


1位・2位はドラマ「おっさんずラブ」の裏話を語ってくれた脚本家・徳尾浩司氏。続いて3位は2018年の衝撃作であり今まで見たことのない一面を見せてくれた松坂桃李。そのほか大ヒットとなった『劇場版 コードブルー』の新米フェローたちや『グレイテスト・ショーマン』で唯一の日本人キャストとして抜擢された小森悠冊氏などのインタビューがランクインした。2019年公開作への期待が高まる中、作品への愛や自身の活動についてなどなど…来年は作り手たちのどんなエピソードが聞けるのか…乞うご期待!
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top