握手拒否をされてしまったゴリさん