東野圭吾の描くブラックな「笑い」3編が、濱田岳、菅田将暉らによりドラマ化!  4枚目の写真・画像

『容疑者Xの献身』、『白夜行』、『麒麟の翼』など、原作小説&映画共にヒットを飛ばし、いまや国民的ミステリー作家となった東野圭吾。そんな東野さんの裏のライフワークとも言えるのが「毒笑小説」や「歪笑小説」(共に集英社刊)といったブラックユーモアあふれる短編集“笑”シリーズだ。そのうちの3編が、KDDIとJ:COMによる新サービス「ドラマJoker<ジョーカー>」内でドラマ配信されることがこのほど決定、豪華全キャストと主題歌が明らかとなった。

最新ニュース
「あるジーサンに線香を」
「あるジーサンに線香を」

編集部おすすめの記事

特集

page top