『ぐるりのこと。』作品情報

2008年6月7日 公開の映画作品

あらすじ

小さな出版社で女性編集者としてバリバリと働く妻・翔子(木村多江)と、法廷画家の仕事に戸惑いながらも記者として働く、頼りない夫・カナオ(リリー・フランキー)。そんな2人に、小さな命が宿る。そして翔子は、カナオと共に子を授かった幸せを噛みしめていた。だが、そんなどこにでもいる夫婦を、突然の悲劇が襲った…。初めての子供の死をきっかけに翔子は、精神的に追い詰められ、うつに陥ってしまう。だが、そんな翔子をカナオは全身で受け止める。2人は、困難に直面しながらも“夫婦の絆”で、壁を乗り越えていく――。90年代から初頭から21世紀へ時代が激変した10年。実際に起きたさまざまな社会的事件を背景に、1組の夫婦の時の流れを紡ぎ出した物語。

スタッフ

監督

橋口亮輔

キャスト

  • リリー・フランキー
  • 木村多江
  • 倍賞美津子
  • 寺島進
  • 安藤玉恵
  • 柄本明

作品データ

  • 2008年6月7日よりシネマライズ、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008『ぐるりのこと。』プロデューサーズ
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ぐるりのこと。』関連記事

リリー・フランキーにも結婚願望あり? 映画館大賞トークに登場、過激な役作りも… 画像
レポート

リリー・フランキーにも結婚願望あり? 映画館大賞トークに登場、過激な役作りも…

映画界における「本屋大賞」として今年創設され、映画館スタッフの投票によって決定し、注目を集めた「映画館大賞」。この3月に2008年度ベストテン作品が発表されたが、先日より5月29日(金)までの日程で、ユーロスペースにて映画館大賞に合わせた特集上映がトークショー付きで開催されている。5月23日(土)には、『ダークナイト』に続く第2位に選ばれた『ぐるりのこと。』の上映が行われ、トークイベントには主演のリリー・フランキーが登場! 会場は大きな盛り上がりを見せた。

僅差の2位にリリー・フランキーが歓喜のコメント! 劇場スタッフ選出映画館大賞決定 画像
スクープ

僅差の2位にリリー・フランキーが歓喜のコメント! 劇場スタッフ選出映画館大賞決定

日本全国110もの独立系映画館の協力を得て、映画館スタッフの投票によって“スクリーンで観てほしい映画”を決める「映画館大賞」のベストテンがついに発表! 第1位には、昨年急逝したヒース・レジャーが史上2人目となる死後のオスカー受賞を果たした『ダークナイト』が、そして僅差の2位には、各方面で多才ぶりを発揮するリリー・フランキーを主演に迎え、ある夫婦の10年の歩みを綴った『ぐるりのこと。』が選出された。

リリー・フランキーが『ぐるりのこと。』DVD発売で“真面目に”動画メッセージ! 画像
レポート

リリー・フランキーが『ぐるりのこと。』DVD発売で“真面目に”動画メッセージ!

リリー・フランキーがシネマカフェにメッセージ! イラストレーター、エッセイスト、小説家、ミュージシャンなど各方面で多彩な活躍を見せるリリーさんが主演を務めた『ぐるりのこと。』のDVDが先日より発売されている。これを受けて、先月27日(金)にはリリーさん、橋口亮輔監督、音楽を担当したAkeboshiを迎えてトーク&ライヴイベントが開催されたが、その場でリリーさんはシネマカフェの読者に向けてメッセージを寄せてくれた。

リリー・フランキー、『ぐるりのこと。』を携えて飛んだベルリンでもやりたい放題! 画像
レポート

リリー・フランキー、『ぐるりのこと。』を携えて飛んだベルリンでもやりたい放題!

リリー・フランキーと木村多江を主演に迎え、法廷画家の夫と編集者の妻の10年の歩みを綴った『ぐるりのこと。』。昨年劇場公開され、静かに、しかし確実に、心に沁み入るように多くの人々に称賛をもって受け入れられた本作が早くもDVDでリリースされた。これを記念して、2月27日(金)にタワーレコード渋谷店にてトーク&ライブイベントが開催され、リリー・フランキー、橋口亮輔監督、そして本作の音楽を手がけたAkeboshiが参加した。

『ぐるりのこと。』DVD発売記念! リリー・フランキー来場でトーク&ライブ実施 画像
スクープ

『ぐるりのこと。』DVD発売記念! リリー・フランキー来場でトーク&ライブ実施

海外でも上映され、各方面で絶賛された『ハッシュ!』の橋口亮輔監督が、6年もの歳月をかけて完成させた希望と再生の物語『ぐるりのこと。』。法廷画家の夫・カナオと編集者の妻・翔子が手を取り合って歩んだ10年を丁寧に紡ぎ出し、心に染み入るような感動を呼び、報知映画賞最優秀監督賞、日本アカデミー賞主演女優賞(木村多江)をはじめ数多くの賞にも輝いた。

阿部寛「役をもらえたのが奇跡」、仲里依紗は涙! 「毎日映画コンクール」表彰式 画像
レポート

阿部寛「役をもらえたのが奇跡」、仲里依紗は涙! 「毎日映画コンクール」表彰式

1946年、戦争で荒廃した国土の荒廃にあえぐ人々を勇気づける第一級の娯楽である映画を復興しようと始まった「毎日映画コンクール」。今年で第63回を数える同コンクール表彰式が2月4日(水)に行われた。

今年の夏もやってくる! 日本映画の登竜門「ぴあフィルムフェスティバル」開催 画像
スクープ

今年の夏もやってくる! 日本映画の登竜門「ぴあフィルムフェスティバル」開催

映画の新しい才能と育成をテーマに、未発掘のインディペンデント映画の面白さを伝えてきた、映画監督の登竜門とも言うべき「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」。今年で記念すべき30回を迎える同映画祭が、7月19日(土)より一週間にわたって開催される。

現役法廷画家が目にしたあの重大事件の裏側とは…『ぐるりのこと。』から裁判を考える 画像
レポート

現役法廷画家が目にしたあの重大事件の裏側とは…『ぐるりのこと。』から裁判を考える

ある夫婦の10年の歩みから人と人の繋がりの温かさを描き、静かに話題を呼んでいる『ぐるりのこと。』。本作でリリー・フランキー扮する主人公・カナオの職業が法廷画家であることから、6月21日(土)に「法廷画家のお仕事。〜映画『ぐるりのこと。』から考える裁判」と題したイベントが開催された。当日は橋口亮輔監督と、現役の法廷画家である染谷栄さんによるトークショーが開催された。

リリー・フランキー&寺島進で映画の余韻をぶち壊し! 『ぐるりのこと。』舞台挨拶 画像
レポート

リリー・フランキー&寺島進で映画の余韻をぶち壊し! 『ぐるりのこと。』舞台挨拶

法廷画家の夫・カナオと編集者の妻・翔子。1990年代の様々な事件を織り込みながら、幸せも絶望も共にする2人の10年の軌跡を綴った『ぐるりのこと。』が6月7日(土)に公開を迎えた。初日の舞台挨拶に、主演のリリー・フランキーに木村多江、寺島進、安藤玉恵と、6年ぶりにメガホンを取った橋口亮輔監督が登壇した。

「早起きしなきゃならないんだよね…」リリー・フランキー『ぐるりのこと。』を語る 画像
インタビュー

「早起きしなきゃならないんだよね…」リリー・フランキー『ぐるりのこと。』を語る

カナオと翔子の10年間を描いただけ、と言ってしまうと語弊があるだろう。二人の関係が壊れてしまうような衝撃的な出来事だって起こる。しかし、そうしたことをことさらにドラマティックに描写するのではなく、ごく客観的に、煽りもせず、貶めたりもせずに、ただ丁寧に繊細に綴っていく『ぐるりのこと。』。『ハッシュ!』で世界に認められた橋口亮輔監督の6年ぶりの新作で映画初主演を飾ったのが、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の原作者、リリー・フランキーだ。

“法廷画”ってどんなもの? 『ぐるりのこと。』公開記念「法廷画展」開催! 画像
スクープ

“法廷画”ってどんなもの? 『ぐるりのこと。』公開記念「法廷画展」開催!

初めて授かった子供の死によってうつ状態に陥ってしまった妻と、そんな彼女を支える夫。様々な困難に直面しながらも、共に手を取り再生していく一組の夫婦の10年を描いた、珠玉のラブストーリー『ぐるりのこと。』が6月に公開される。これを記念して5月26日(月)より、國學院大學の渋谷キャンパスにて「法廷画展」が開催される。

リリー・フランキー「奥さんと富士そば食べたい」 初主演作『ぐるりのこと。』を語る 画像
レポート

リリー・フランキー「奥さんと富士そば食べたい」 初主演作『ぐるりのこと。』を語る

初めての子供を失った悲しみから、自責と絶望感に苛まれる妻・翔子と、彼女をそっと支える法廷画家の夫・カナオ。バブル崩壊後の激動の10年を背景に、ありふれた一組の夫婦が対面する困難と再生の道のりを綴る感動作『ぐるりのこと。』が6月7日(土)より公開される。これに先立ち、5月8日(木)、本作のプレミア試写会が開催された。本作が『ハッシュ!』以来6年ぶりの新作となる橋口亮輔監督とともに、映画初主演を果たした木村多江とリリー・フランキーが上映前の舞台挨拶に登壇した。

世界が注目した『ハッシュ!』から6年 橋口亮輔待望の最新作『ぐるりのこと。』完成 画像
レポート

世界が注目した『ハッシュ!』から6年 橋口亮輔待望の最新作『ぐるりのこと。』完成

めんどうくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい——。そんな一組の夫婦が歩んだ、90年代初頭から21世紀まで変動の10年の流れをていねいに紡ぐ『ぐるりのこと。』。前作『ハッシュ!』でカンヌの喝采を浴び、数々の映画賞を受賞した橋口亮輔監督の、実に6年ぶりとなる新作が完成! 2月7日(木)、本作の完成披露試写会が開催され、上映前に橋口監督本人が登壇した。

page top