『未来を花束にして』作品情報

2017年1月27日 公開の映画作品

あらすじ

1912年イギリス・ロンドン。24歳のモード・ワッツは、洗濯工場で働く同僚の夫と幼い息子と3人で暮らしていた。ある日、サフラジェット(女性参政権運動の活動家)である友人の代わりに公聴会で証言をすることになる。緊張しながらも質問に答えるモードが、“いまとは異なる生き方があるのでは?”という疑問を生まれて初めて持った瞬間だった。それを機に彼女は、WSPU(女性社会政治同盟)のリーダーである、エメリン・パンクハーストの演説を聞き、デモにも参加するようになる。しかし、このような活動を不満に思う男性が多いのも事実だった。夫から家を追い出され、息子に会うことまで禁止されたモードは、さらに工場長からクビを宣告されてしまい…。

スタッフ

監督

サラ・ガヴロン

キャスト

作品データ

  • 2017年1月27日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開
  • 原題Suffragette
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© Pathe Productions Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2015. All rights reserved.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『未来を花束にして』関連記事

【シネマモード】新しい生き方を…社会の中で闘う女性活動家たち『未来を花束にして』 画像
コラム

【シネマモード】新しい生き方を…社会の中で闘う女性活動家たち『未来を花束にして』

男女平等に参政権がある時代に生まれた私たちにとって、それはあって当然。でも、サウジアラビアで婦人参政権が認められたのは2015年のこと…

【特別映像】キャリー・マリガン&ベン・ウィショーが語る…『未来を花束にして』が作られた意義 画像
洋画ニュース

【特別映像】キャリー・マリガン&ベン・ウィショーが語る…『未来を花束にして』が作られた意義

キャリー・マリガン、ヘレナ・ボナム=カーター、そしてメリル・ストリープらが競演を果たし、およそ100年前のイギリスで参政権を求めて立ち上がった女性たちを描く『未来を花束にして』。いよいよ1月27日(金)より

【ご招待】『未来を花束にして』試写会に5組10名様 画像
イベント

【ご招待】『未来を花束にして』試写会に5組10名様

〆切り:1月12日(木)

【予告編】キャリー・マリガン、参政権のために立ち上がる!『未来を花束にして』 画像
洋画ニュース

【予告編】キャリー・マリガン、参政権のために立ち上がる!『未来を花束にして』

キャリー・マリガンが主演を務め、女性には投票権も親権さえも認められていなかった時代の女性参政権運動を描いた『未来を花束にして』(原題:『Suffragette』)。このほど、その予告編映像が解禁となった。

キャリー・マリガン&メリル・ストリープ共演作『未来を花束にして』が2017年公開へ 画像
洋画ニュース

キャリー・マリガン&メリル・ストリープ共演作『未来を花束にして』が2017年公開へ

『17歳の肖像』のキャリー・マリガンが主演を務め、メリル・ストリープが共演する映画「Suffragette」(原題)。

page top