ルーニー・マーラ、ジュード・ロウら出演のソダーバーグ監督新作、刑務所で撮影を敢行

最新ニュース

ニューヨークで行われた『Haywire』(原題)の試写会に出席したスティーヴン・ソダーバーグ -(C) AP/AFLO
  • ニューヨークで行われた『Haywire』(原題)の試写会に出席したスティーヴン・ソダーバーグ -(C) AP/AFLO
ルーニー・マーラやジュード・ロウ、チャニング・テイタムが出演するスティーヴン・ソダーバーグ監督の新作の撮影が、本物の刑務所内で行われることが明らかとなった。

今月クランクインしたソダーバーグ監督の新作『The Bitter Pill』(原題)は、間近に迫る服役中の夫の仮釈放に不安を募らせ、処方箋薬に頼るようになる女性を描くストーリーで、ルーニーがヒロインのエリザベスを演じる。

チャニングが夫役で、ジュードは彼女と不倫関係になる医師を演じる。キャサリン・ゼタ=ジョーンズも医師役で出演している。「New York Post」紙のゴシップ・コラム「Page Six」によると、撮影はニューヨーク州オーティスビルにある連邦刑務所で行われる予定。実際に服役中の囚人がいる中での撮影に、関係者は厳重な警備体制をとると語っている。



© AP/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top