キーファー・サザーランドが来日 新作ドラマで東日本大震災に関するエピソードも!

最新ニュース

海外TVドラマ「TOUCH/タッチ」キーファー・サザーランド来日会見
  • 海外TVドラマ「TOUCH/タッチ」キーファー・サザーランド来日会見
  • 海外TVドラマ「TOUCH/タッチ」キーファー・サザーランド来日会見
  • 海外TVドラマ「TOUCH/タッチ」キーファー・サザーランド来日会見
  • 海外TVドラマ「TOUCH/タッチ」キーファー・サザーランド来日会見
  • 海外TVドラマ「TOUCH/タッチ」キーファー・サザーランド来日会見
  • 海外TVドラマ「TOUCH/タッチ」キーファー・サザーランド来日会見
  • 海外TVドラマ「TOUCH/タッチ」キーファー・サザーランド来日会見
「24 TWENTY FOUR」のジャック・バウアーことキーファー・サザーランドが「24」に続く連続ドラマ出演作となる「TOUCH/タッチ」を引っさげて緊急来日を果たし、9月3日(月)に都内で行われた記者会見に出席。作品の魅力を存分にアピールした。

主人公・マーティンは9.11の同時多発テロで妻を失い、息子のジェイクも無言症となってしまい交流ができずに思い悩む。だがジェイクが落書きのように綴っていた数字が現代と過去、そして未来の人々を繋ぐ数字であることに気づき状況は一変。マーティンは奇跡を信じて世界中の人々を救うために立ち上がる。

キーファーの来日は2010年11月の「24 TWENTY FOUR」のプロモーション以来。「日本のファンに会うためならどんな口実だって作るさ(笑)」とユーモアたっぷりに日本への愛着を明かす。

本作では強面のジャック・バウアー(「24」)とはまた違った一面を見せているが、キーファー自身は「ジャックとマーティンで共通するところはいっぱいあったよ。ジャックは予想外の状況から脱出するために戦うけど、マーティンの方は息子の行動や考えが読めずに、それを知るために必死で戦うんだ」と解説。「そこには善意やモラルといった要素が感じられるし、演じながら旅を楽しんだよ」と充実した表情を見せた。

本作では日本人のキャラクターも登場するほか、東日本大震災について触れたエピソードもある。震災後にアメリカの西海岸に流れ着いた遺留品を拾い集める男とジェイクと同じ境遇の娘を持つ母親の物語が描かれるが、キーファーは「ニュースで遺留品が流れ着いていると報じられていたけど、民家からのものが多くあると聞いて胸を痛めたし、被災されたみなさんへの思いはより一層強いものになったよ。このドラマに参加できたことを誇りに思うし、多くの人に見てほしい」と胸の内を語った。

この日はゲストとして俳優の濱田龍臣も登場し、キーファーに花束を手渡した。ドラマ「尾根のかなたに〜父と息子の日航機墜落事故〜」の放送を控える濱田くんは「僕も家族を失う役を演じたので、ジェイクに共感しました。キーファーさんがカッコよかったです!」と感想を伝えた。さらに濱田くんからの「将来、ハリウッドで活躍するにはどうすればいいか?」という質問に、キーファーは「文化や言葉の壁を超えられるのが演技というもの。いまきみがここでしている経験と僕が積んできた経験は何ら変わるものではないと思います。いつか共演できる可能性は大いにあると思うし、その日が来たら光栄に思うよ」と優しく微笑み、2人は熱い握手を交わしていた。

海外ドラマ「TOUCH/タッチ」はWOWOWプライムにて10月5日(金)より放送。第1話のみ無料放送。

「TOUCH/タッチ」公式サイト
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/100893/index.php
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top