シネマカフェ的海外ドラマvol.181 2011年ゴールデン・グローブ賞の注目ポイント!

最新ニュース

「ウォーキング・デッド」 -(C) TWD productions LLC Courtesy of AMC
  • 「ウォーキング・デッド」 -(C) TWD productions LLC Courtesy of AMC
TVドラマ界ではエミー賞に並ぶ重要賞と言われるゴールデン・グローブ賞の授賞式が現地時間の1月16日に開催。そこで、今月はゴールデン・グローブ賞にまつわるあれこれの特集です。

まずは、TVシリーズを対象にした部門における注目ポイントをピックアップ。ドラマ、ミュージカル・コメディ、ミニシリーズ・TVムービーの3つの作品賞のほか、各俳優賞の計11部門から成るTVシリーズ対象部門ですが、最大の見どころはもちろん作品賞。なかでも、「BOARDWALK EMPIRE」、「デクスター」、「グッド・ワイフ」、「マッドメン」、「ウォーキング・デッド」が争うドラマ部門に注目です。

最近の同部門は本コラムでも大プッシュの「マッドメン」が3年連続で受賞していますが、気になるのは映画界の名匠マーティン・スコセッシが製作総指揮を務める「BOARDWALK EMPIRE」と、同じく名匠フランク・ダラボン製作総指揮の「ウォーキング・デッド」(写真)。どちらも新しく始まったシリーズですが、前者は、1920年代のニュージャージー州アトランティック・シティを舞台に、政治家やマフィアたちの生き様を描くスコセッシらしい人間ドラマ。後者は、ゾンビがはびこる世界で、生存者たちがサバイバルを繰り広げるスリラーです。過去には「24 TWENTY FOUR」「LOST」「グレイズ・アナトミー」「ザ・ホワイトハウス」「ザ・ソプラノズ」「NIP/TUCK」「シックス・フィート・アンダー」と様々な作品が受賞している部門だけに、そろそろ新タイトルに目を向けられそうなところ?

また、エミー賞とは違い、ゴールデン・グローブ賞のTVシリーズ対象部門には監督賞が設けられていないのですが、スコセッシもダラボンも第1話は自ら監督として参加。彼らをダイレクトに褒め称えるには、作品賞が最適にして唯一なのも事実です。とは言え、本コラムの「マッドメン」プッシュ姿勢は変わりませんが…。ちなみに、「BOARDWALK EMPIRE」のチーフ脚本家は、「ザ・ソプラノズ」の重要スタッフだった人物。さらに、「ザ・ソプラノズ」のもうひとりの重要スタッフがチーフ脚本家を務めているのが「マッドメン」ということも知っておきたいところです。

ドラマ部門作品賞の話に終始しましたが、その年のハリウッドを熱くさせたスターたちが集まる授賞式だけに、客席の様子も見どころ。本年度作品賞候補の「グッド・ワイフ」ではジュリアナ・マルグリースが昨年の主演女優賞に輝きましたが、受賞を知らされて壇上に向かうジュリアナに、かつて「ER 緊急救命室」で彼女と恋人同士を演じたジョージ・クルーニーがそれはもうスマートに声をかけるというキュンキュンな瞬間もありました。本コラムではなかなか取り上げられなかった「グッド・ワイフ」ですが、見ごたえ十分なリーガルドラマとして日本でも高い人気を獲得中。作品賞だけでなく、主演女優賞にも再びノミネートされています。

また、ミュージカル・コメディ部門作品賞では先日、日本でDVDリリースが開始された「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」「30 ROCK/サーティー・ロック」、「ビッグバン★セオリー」、「THE BIG C」、「MODERN FAMILY」、「ナース・ジャッキー」と賞を争いますが、昨年の作品賞を「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」が受賞した瞬間には、製作総指揮のライアン・マーフィーが、傍にいた友人のニコール・キッドマンから祝福されるゴージャスなシーンも。これぞゴールデン・グローブ賞! な瞬間を今年もお見逃しなく。



「ウォーキング・デッド」
FOXムービーにて毎週金曜25:00〜放送中(2話連続)

公式サイト:http://tv.foxjapan.com/movies/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1131

© TWD productions LLC Courtesy of AMC

「グッド・ワイフ」
NHK BS2にて毎週火曜23:00〜放送中

公式サイト:http://www9.nhk.or.jp/kaigai/goodwife/
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top