【TIFFレポート】人気急上昇中の仏女優レア・セドゥ、「東京をブラブラしたい」

最新ニュース

『マリーアントワネットに別れをつげて』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭(レア・セドゥ&ブノワ・ジャコー監督)
  • 『マリーアントワネットに別れをつげて』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭(レア・セドゥ&ブノワ・ジャコー監督)
  • 『マリーアントワネットに別れをつげて』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭(レア・セドゥ&ブノワ・ジャコー監督)
  • 『マリーアントワネットに別れをつげて』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭(レア・セドゥ&ブノワ・ジャコー監督)
  • 『マリーアントワネットに別れをつげて』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭(レア・セドゥ&ブノワ・ジャコー監督)
  • 『マリーアントワネットに別れをつげて』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭(レア・セドゥ&ブノワ・ジャコー監督)
開催中の第25回東京国際映画祭に特別招待作品として出品されている『マリー・アントワネットに別れをつげて』の主演のレア・セドゥとブノワ・ジャコー監督が10月22日(月)の公式上映前に舞台挨拶に臨んだ。

フランス革命の最中、かの王妃マリー・アントワネットの朗読係を務め、彼女からある人物の身代わりになるように命じられるひとりの女性の運命を描き出す。

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『ミッドナイト・イン・パリ』などで印象的な役柄を演じてきたレアは、別作品の撮影のために髪をバッサリと切ってキュートなショートカットで登場。満員の観客を前に「東京は大好きな街。こうして自分が出ている作品を携えてみなさんにお目にかかれて嬉しいです」と笑顔で語った。

来日後も取材続きのハードスケジュールとなりそうだが「行きたいところがあったんだけど、名前を忘れてしまいました(笑)。迷子になったかのように東京の街をブラブラしてみたいです」と語った。

本作はヴェルサイユ宮殿での撮影も敢行しているが、監督は「映画を観たらみなさん、『撮影はさぞ難しかっただろう』と思うでしょうがとっても簡単でした。簡単すぎて難しくなったくらいです」と独特の言い回しで語る。レアは「私たちだけで宮殿を“占領”し、普段は入れないところまであちこち行けたのは楽しかったです」と撮影をふり返った。

これまで、現代劇への出演が多かったレアだが、歴史作品への出演について「こういうコスチューム劇に出演してみたかったので気に入ってます。(革命による)王政の崩壊はフランス人にとってターニングポイントとなる出来事。それを演じられて面白かったです」と語る。

監督は「率直に言うならば、レアに魅了されてこの作品へのオファーを出しました(笑)。彼女をご覧になればお分かりでしょ?」と語り、客席から温かい拍手が沸き起こった。

『マリー・アントワネットに別れを告げて』は12月15日(土)より公開。

第25回東京国際映画祭は10月28日(日)までTOHOシネマズ六本木ほかにて開催中。

特集「東京国際映画祭のススメ2012」
http://www.cinemacafe.net/special/tiff2012/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top