【釜山レポート01】豪華スターたちと共に開幕 チェ・ジンシル死去を受けて欠席者も

第13回釜山国際映画祭が、韓国・釜山市で2日から始まった。海雲台(ヘウンデ)ヨット競技場で行われた開幕式の進行を務めたのは、「パリの恋人」の人気女優キム・ジョンウンと『王の男』の実力派チョン・ジニョン。レッドカーペットにはチャン・ドンゴンをはじめ、映画祭副委員長でもあるアン・ソンギや、ヒョンビン、パク・ヘイル、キム・レウォン、シン・ヒョンジュン、カン・ヘジョン、シン・ミナ、パク・ウネといった韓国スターや、日本の上野樹里、中国のジョウ・シュンら、アジアの人気俳優が姿を見せ、大きな歓声を集めていた。アジア最大級の映画祭の幕開けを、美しい花火とともに彩った。

最新ニュース レポート
色鮮やかな花火で開幕した第13回釜山国際映画祭。 photo:Ayako Ishizu
  • 色鮮やかな花火で開幕した第13回釜山国際映画祭。 photo:Ayako Ishizu
第13回釜山国際映画祭が、韓国・釜山市で2日から始まった。海雲台(ヘウンデ)ヨット競技場で行われた開幕式の進行を務めたのは、「パリの恋人」の人気女優キム・ジョンウンと『王の男』の実力派チョン・ジニョン。レッドカーペットにはチャン・ドンゴンをはじめ、映画祭副委員長でもあるアン・ソンギや、ヒョンビン、パク・ヘイル、キム・レウォン、シン・ヒョンジュン、カン・ヘジョン、シン・ミナ、パク・ウネといった韓国スターや、日本の上野樹里、中国のジョウ・シュンら、アジアの人気俳優が姿を見せ、大きな歓声を集めていた。アジア最大級の映画祭の幕開けを、美しい花火とともに彩った。

しかしその一方で、この日の朝起こった人気女優チェ・ジンシルの首吊り自殺という痛ましい事件を受け、イ・ビョンホンら数名は急遽、開幕式への出席を取り止めた。ビョンホンにとってジンシルは映画デビュー作の『誰が俺を狂わせるか』の共演者。純愛ドラマ「恋の香り」でも恋人役を演じており、ジンシルの弔問先で目を真っ赤にしている姿が目撃されている。

(text/photo:Ayako Ishizu)
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top