ソ・イェジ、笑顔を封印…忍び寄る恐怖に怯える『ワーニング』新場面写真

毎年動員が増え続け、今年で7回目を迎える「ホラー秘宝まつり」にてプレミア上映される、ソ・イェジ最新主演映画『ワーニング その映画を観るな』から、新場面写真が解禁となった。

韓流・華流 スクープ
『ワーニング その映画を観るな』 (C) 2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.
  • 『ワーニング その映画を観るな』 (C) 2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.
  • 『ワーニング その映画を観るな』 (C) 2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.
  • 『ワーニング その映画を観るな』 (C) 2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.
  • 『ワーニング その映画を観るな』 (C) 2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.
毎年動員が増え続け、今年で7回目を迎える「ホラー秘宝まつり」にてプレミア上映される、ソ・イェジ最新主演映画『ワーニング その映画を観るな』から、新場面写真が解禁となった。

ホラー映画の脚本を2週間で仕上げるようにとプロデューサーから厳命された映画監督の卵ミジョンは、呪われたホラー映画のうわさを聞きつけ興味を抱く。とある大学の映画学科の卒業制作だったが、観客の半分は途中で逃げ出し、心臓発作で死人まで出たというのだ。真相を探るミジョンに映画を監督したという男から連絡が入り…。

主演を務めるのは、Netflixで人気急上昇中のロマンティックコメディ「サイコだけど大丈夫」に主演し、注目を浴びている韓国の人気女優ソ・イェジ。ホラー初挑戦となる本作では、自身のキャリアアップを図るべく斬新なホラー映画を製作するため、とある大学で製作されたいわくつきのホラー映画にのめり込み、恐怖に直面していく若手映画監督を演じている。


今回解禁された新場面写真には、凶器を首元に突きつけられて恐怖に怯える姿や、鏡の前で表情を強ばらせる様子、何者かの気配を感じて物陰に身を隠す緊迫したシチュエーションなど、ソ・イェジの新たな一面が見られる。彼女の身に一体何が迫っているのか…忍び寄る恐怖に期待が高まるカットに仕上がっている。


「夏のホラー秘宝まつり 2020」は東京:キネカ大森にて8月21日(金)~9月3日(木)、名古屋:シネマスコーレにて今夏、大阪:シアターセブンにて8月22日(土)~開催。

「夏のホラー秘宝まつり 2020」
■料金(キネカ大森):当日1500円  旧作 1100円
■上映作品
『メビウスの悪女 赤い部屋』『怪談新耳袋Gメン新作』
『ワーニング その映画を観るな』
『悪魔の墓場』『血ぬられた墓標』『呪いの館』『血みどろの入江』『リサと悪魔』
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top