ヒューマン 『スウィート・シング』作品情報

2021年10月29日 公開の映画作品

あらすじ

15 歳のビリーと 11 歳のニコ。このうえなく悲しいけれど、このうえなく幸福なファンタジー…。マサチューセッツ州・ニューベッドフォード。普段は優しいが酒のトラブルが尽きない⽗アダムと暮らす、少⼥ビリーと弟ニコ。ある⽇、⽗アダムが強制的な⼊院措置となり、⾝寄りのないビリーとニコは、家を出て⾏った⺟親イヴのもとへ⾏くのだが……。⼦どもたちの、悲しいけれどどこか希望に満ちた、ひとときの冒険が始まる。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督・脚本

アレクサンダー・ロックウェル

キャスト

  • カリン・パーソンズイヴ
  • ウィル・パットンアダム
  • ラナ・ロックウェルビリー
  • ニコ・ロックウェルニコ

作品データ

  • 2021年10月29日よりヒューマントラスト澁谷、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国にて公開
  • 原題Sweet Thing
  • 公開日 2021年10月29日
  • 製作年2020
  • 製作国アメリカ
  • 上映時間91分
  • 映倫区分G
  • 配給会社ムヴィオラ
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『スウィート・シング』関連記事

ラナ・ロックウェル、監督であり父との撮影は「信頼関係が一番大きな助け」に 画像
インタビュー

ラナ・ロックウェル、監督であり父との撮影は「信頼関係が一番大きな助け」に

普段優しい父は酒に溺れ、母は家出をして新しい彼氏がいる。その彼もまた問題ありで、頼るべき大人のいない15歳の姉ビリーと11歳のニコの姉弟、そして2人が出会った少年マリクは逃避行に出るーー。

アレクサンダー・ロックウェルが日本にメッセージ!『スウィート・シング』は「子供時代の魔法を祝福する」 画像
洋画ニュース

アレクサンダー・ロックウェルが日本にメッセージ!『スウィート・シング』は「子供時代の魔法を祝福する」

『スウィート・シング』公開を前に、アレクサンダー・ロックウェル監督からコロナ禍で直接会えない日本の観客へ向けた、<メッセージ動画>とファンの質問に答える<スペシャルQ&A動画>が到着、映画館で限定上映する。

アレクサンダー・ロックウェル監督『スウィート・シング』、家族愛と映画愛溢れるメイキング写真解禁 画像
洋画ニュース

アレクサンダー・ロックウェル監督『スウィート・シング』、家族愛と映画愛溢れるメイキング写真解禁

米インディーズ界の代表的存在アレクサンダー・ロックウェル監督による『スウィート・シング』からメイキング写真が解禁。

アレクサンダー・ロックウェル監督初期の傑作『イン・ザ・スープ』1週間限定上映 画像
洋画ニュース

アレクサンダー・ロックウェル監督初期の傑作『イン・ザ・スープ』1週間限定上映

アレクサンダー・ロックウェル監督25年振りの日本劇場公開最新作 『スウィート・シング』の公開を記念して、ロックウェル監督の1992年の代表作『イン・ザ・スープ』が1週間限定上映されることが決定した。

モノクロ&カラーが織り成す子ども時代のきらめき『スウィート・シング』予告編 画像
洋画ニュース

モノクロ&カラーが織り成す子ども時代のきらめき『スウィート・シング』予告編

ジョン・カサヴェテス、ジム・ジャームッシュらに連なる米インディーズ界の雄として一世を風靡したアレクサンダー・ロックウェルの25年ぶりの日本劇場公開作『スウィート・シング』より、予告編と新たな場面写真が解禁となった。

【ご招待】米インディーズ映画のカリスマ監督、25年ぶりの日本劇場公開『スウィート・シング』シネマカフェオンライン試写会に30名様 画像
イベント

【ご招待】米インディーズ映画のカリスマ監督、25年ぶりの日本劇場公開『スウィート・シング』シネマカフェオンライン試写会に30名様PR

〆切り:10月6日(水)

姉弟の“宝物”のような逃避行が始まる…『スウィート・シング』日本版ポスタービジュアル 画像
洋画ニュース

姉弟の“宝物”のような逃避行が始まる…『スウィート・シング』日本版ポスタービジュアル

アレクサンダー・ロックウェル監督の新作『スウィート・シング』より日本版ポスタービジュアルおよび場面写真が到着した。

米インディーズ映画のカリスマ監督、25年ぶりの日本劇場公開『スウィート・シング』 画像
洋画ニュース

米インディーズ映画のカリスマ監督、25年ぶりの日本劇場公開『スウィート・シング』

ジム・ジャームッシュらとともに米インディーズ界の雄として一世を風靡した、アレクサンダー・ロックウェル監督の『スウィート・シング』(原題:Sweet Thing)が10月29日(金)より公開決定。日本では25年ぶりの劇場公開新作となる。

page top