秋元康、来年は「予定調和を壊す」 サプライズはAKB48指原センター?

最新ニュース

「インセプション アワード 2010」
  • 「インセプション アワード 2010」
  • 「インセプション アワード 2010」
  • 「インセプション アワード 2010」
  • 「インセプション アワード 2010」
  • 「インセプション アワード 2010」
レオナルド・ディカプリオ主演のSFアクション大作『インセプション』のブルーレイ&DVD発売を記念した「インセプション アワード2010」授賞式が12月6日(月)、都内ホテルで行われ、劇中の物語にちなんで、2010年に最も“インセプションした(記憶を植えつけた)”功績を持つ人物として、アイドルグループ「AKB48」の総合プロデューサーである秋元康が大賞を受賞した。

今年はAKB48が国民的アイドルに成長すると同時に、「SKE48」のブレイク、「SDN48」の日韓同時デビュー、「NMB48」の誕生など姉妹ユニットも大躍進。『インセプション』同様に、日本のエンターテイメント業界に大きなインパクトを残した秋元さんは「去年も来年もない賞というのは嬉しいもの。DVDの宣伝ではありますが(笑)、作品も大好きなので、少しでも宣伝のお役に立てれば」と笑顔で挨拶。メガホンを取ったクリストファー・ノーラン監督を「この創作力はどこから来るんでしょうか? 天才性に圧倒されました」と手放しの絶賛だった。

また、本作で唯一の日本人キャストである渡辺謙から「私も映画で体験しましたが、他人に何かを植えつけることは本当に難しいこと。それをスルリとやり遂げる秋元さんにはいつも脱帽しております」とお祝いのビデオメッセージが届けられると、秋元さんも「謙さんの存在感もすごかった。同じ日本人として嬉しいこと」とハリウッドで活躍するサムライに最上級の賛辞を送った。

授賞式にはAKB48の指原莉乃、仁藤萌乃、横山由依も登場し、会場は一気に華やかに。他人の夢に入り込んで、記憶の植えつけを行うという内容にちなみ、指原さんは「秋元さんの夢に入って、指原をセンターに持っていくアイディアを植えつける壮大な野望があるんですよ」と大いに“夢”を語ったが、秋元さんは「あんまりしゃべるやつはセンターにはならない」とピシャリ。それでも「来年のキーワードは、予定調和を壊すこと。仕掛けを用意し過ぎると、策におぼれることもありますし。来年の予定? まだ何も思いついていないし、ふと、ある日誰かに植えつけられているかも」と不敵な笑みを浮かべ、「そういう意味では指原がセンターというのも…あるかもしれないですね」と指原さんを喜ばせていた。

『インセプション』ブルーレイ&DVDは12月7日(火)より発売開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top