ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、『バットマン』新作で悪役に挑戦

最新ニュース

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット -(C) Reuters/AFLO
  • ジョゼフ・ゴードン=レヴィット -(C) Reuters/AFLO
ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン』シリーズ最新作『The Dark Knight Rises』(原題)で悪役を演じると業界誌「Variety」が報じている。

ジョゼフが演じるのは“ホリデー・キラー”と呼ばれる連続殺人鬼のアルベルト・ファルコーニ。1996年にコミックに登場したキャラクターで、祝日のたびに殺人を犯すという設定。また、ノーラン監督によるシリーズの第1作『バットマン ビギンズ』でトム・ウィルキンソンが演じたカーマイン・ファルコーネの息子でもある。

ジョゼフが『インセプション』に続いてノーラン監督と組むといううわさは以前から流れており、95年の『バットマン フォーエヴァー』でジム・キャリーが演じたリドラー役を務めるのでは、と言われていた。

バットマン/ブルース・ウェイン役はもちろんクリスチャン・ベイルが続投。アン・ハサウェイがキャットウーマン役で新たに加わるほか、『インセプション』のトム・ハーディも出演。ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、マイケル・ケインといったシリーズ常連のキャストも揃う。5月にクランクインし、2012年7月に公開を予定している。



写真は第68回ゴールデングローブ賞に出席したときのジョゼフ・ゴードン=レヴィット。

© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top