『ハリポタ』撮影のスタジオがアトラクションに。会見にダニエルら主役3人組出席

最新ニュース

(右から)ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント -(C) AFLO
  • (右から)ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント -(C) AFLO
19日(金)にシリーズ最終章の前編『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』の世界同時公開を控え、同作を製作するワーナー・ブラザースが、約10年間にわたってシリーズを撮影してきたロンドンのリーヴスデン・スタジオを買い取ると発表した。

『チャーリーとチョコレート工場』や『ダークナイト』『インセプション』『シャーロック・ホームズ』などの撮影も行われた同スタジオをワーナー・ブラザースは100万ポンド(約1億3,000万円)かけて改装、現行通りの映画の撮影スタジオ業務と並行して、『ハリー・ポッター』シリーズのセットを使ったテーマパークのオープンを2012年に予定している。

ロンドンのクラリッジ・ホテルで10日に行われた記者発表にはシリーズの主役トリオ、ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンらが出席。今年20歳になったエマは文字通り人生の半分にあたる10年間を費やしたシリーズ卒業で少しばかり燃えつき症候群気味の様子。「ちょっと悲しいことを言うようだけど、20歳にして隠居するような気分。もちろん、これから先は長いのは分かっているから、今後も前半生と同じくらい素晴らしいものになるよう祈ってるわ」と語っている。



特集「10年間ありがとう! ハリー・ポッター」
http://www.cinemacafe.net/special/deathly-hallows/

© AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top