ブラッド・ピット、アメリカにおける同性婚支持を改めて表明

最新ニュース

ブラッド・ピット -(C) Splash/AFLO
  • ブラッド・ピット -(C) Splash/AFLO
先月24日にニューヨーク州で同性同士の結婚を認める法律が成立したことを受け、以前からパートナーのアンジェリーナ・ジョリーと共に同性婚を支持してきたブラッド・ピットが改めて、賛成の立場を表明した。

ブラッドは「ニューヨークが加わったことで、このムーブメントに勢いがつくだろう。でも、どの州に居住していようと、自分の愛する人と結婚するのは憲法で保障された権利なんだ。この人は結婚してもいい、この人は駄目、なんてことは、いかなる州も決めてはならない。いろいろたゆまない努力によって、いつの日か差別がなくなり、アメリカ人の誰もが平等な結婚の権利を持てるようになるだろう」と語る。

この見解に対して、彼の元には宗教団体などから「同性婚は家庭を壊し、子供たちを傷つける」といった内容の中傷メールもたくさん届いているそうだが、ブラッドは「僕のゲイの友達にも子育てしている人はいるけど、子供たちは愛情に包まれて育っているよ」と語る。前妻のジェニファー・アニストンと離婚後、パートナーとなったアンジェリーナ・ジョリーとは実子・養子を含めて6人の子供を育てているが、法的に結婚はしていない。「よく聞かれるけど、僕らが結婚するとしたら、それは誰もが結婚の権利を認められたときだね」。



写真は最新作『World War Z』(原題)撮影のときのブラッド・ピット。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top