第36回報知映画賞、『八日目の蟬』が作品賞&主演女優賞の2冠!

最新ニュース

『八日目の蝉』 -(C) 2011「八日目の蝉」製作委員会
  • 『八日目の蝉』 -(C) 2011「八日目の蝉」製作委員会
年末の国内外の映画賞レースがスタートする中、先陣を切ってこのほど「第36回報知映画賞」の全9部門が発表された。栄えある作品賞・邦画部門に選ばれたのは角田光代原作、成島出監督の『八日目の蟬』。本作の主演を務めた永作博美が主演女優賞に輝き、本作が2冠を達成した。

『八日目の蟬』と同じく2冠に輝いたのはスマッシュヒットを記録した衝撃作『冷たい熱帯魚』。本作以外にも『恋の罪』『ヒミズ』と次から次へと話題作を繰り出す園子温監督が監督賞、本作で猟奇的な演技を見せたでんでんが助演男優賞を獲得した。主演男優賞の堺雅人(『武士の家計簿』『日輪の遺産』『ツレがうつになりまして。』)は2008年の助演男優賞に続き2度目の受賞。同じく、主演女優賞の永作さんも2007年の助演女優賞に続き2度目、さらに助演女優賞の宮本信子(『阪急電車 片道15分の奇跡』)は1984年の特別賞に続き2度目の受賞を果たした。

新人賞を獲得したのはドキュメンタリー『エンディングノート』で余命宣告された自身の父親をユーモアを交えて映し出した女性監督の砂田麻美。新人賞に監督が選ばれるのは12年ぶりの快挙となる。さらに、『大鹿村騒動記』が遺作となった名優・原田芳雄、日本最高齢の現役監督、新藤兼人監督(『一枚のハガキ』)に特別賞が授与された。そして、先日のブラッド・ピット来日で注目を集めた最新主演作『マネーボール』が作品賞・海外部門に選ばれた。

今後の賞レースに顔を並べるメンバーはいかに? これからの展開が楽しみなところ。同賞表彰式は12月21日(水)、ザ・プリンス パークタワー東京にて開催される予定。

第36回報知映画賞 受賞一覧

作品賞・邦画部門:『八日目の蟬』
監督賞:園子温監督
主演男優賞:堺雅人
主演女優賞:永作博美
助演男優賞:でんでん
助演女優賞:宮本信子
新人賞:砂田麻美監督
作品賞 海外部門:『マネーボール』
特別賞:新藤兼人監督、原田芳雄
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top