永作博美「報知映画賞」主演女優賞を受賞し号泣「押しつぶされそうだった」

最新ニュース

「第36回報知映画賞」表彰式
  • 「第36回報知映画賞」表彰式
  • 「第36回報知映画賞」表彰式
  • 「第36回報知映画賞」表彰式
  • 「第36回報知映画賞」表彰式
  • 「第36回報知映画賞」表彰式
  • 「第36回報知映画賞」表彰式
  • 「第36回報知映画賞」表彰式
  • 「第36回報知映画賞」表彰式
女優の永作博美が12月21日(水)、都内で開催された「第36回報知映画賞」表彰式に出席。『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』、『八日目の蝉』での熱演が高く評価されて「生まれて初めての主演賞です」(永作さん)。特に『八日目の蝉』への思い入れは格別のようで、共演した子役・渡邉このみちゃんから花束を手渡されると、「この子がかわいい分、罪悪感も増してしまって、撮影中は押しつぶされそうだった。いま思い出しても泣けてきます」と感極まり号泣する場面もあった。

一方、『武士の家計簿』『日輪の遺産』『ツレがうつになりまして。』の3作品で主演を務めた堺雅人は、こちらも初となる主演男優賞を受賞。“ツレうつ”で共演した宮崎あおいとともに登壇し、「いくら感謝してもしきれない」(堺さん)、「ただただ嬉しいの一言」(宮崎さん)とここでも夫婦愛の強さをアピールしていた。また、『武士の家計簿』を手がけた森田芳光監督の突然の訃報には、堺さんも驚きを隠せない様子。「ご一緒したんだという気持ちを胸に、来年も一歩一歩、現場で汗をかきたい」と故人に思いを馳せていた。

『阪急電車 片道15分の奇跡』で4年ぶりの映画出演を果たした宮本信子は、助演女優賞を獲得。「わずか15分の間、電車に乗ったり降りたり、引き返したり(笑)。楽しんで演じることができた」と笑顔でふり返り、「今年はいろいろなことがあった年。やり切れない思いや、立ち止まってしまったうつろな時間をこの映画が優しく包み込んでくれた」と語った。花束ゲストとして、共演の中谷美紀が登壇し「撮影中は、私たちはもちろん、エキストラの方にも気を配っていらっしゃった。懐の大きな方で、憧れの存在です」と尊敬の眼差しを向けた。

俳優のでんでんは、園子温監督の大ヒット作『冷たい熱帯魚』で猟奇殺人鬼を怪演し、見事に助演男優賞を受賞。「よう、みんな元気かい?」と役柄そのままに、豪快な挨拶をしたかと思えば、今度は「こんな私を選んでくださり、審査員の方もさぞ勇気がお要りだったことでしょう。還暦過ぎて、いきなりこんな名誉ある賞をいただけるなんて」と低姿勢に徹し、カメレオン俳優の面目躍如。園監督も監督賞を受賞し、同作が2冠を達成している。

<受賞一覧>

作品賞・邦画部門:『八日目の蝉』(成島出監督)
作品賞・海外部門:『マネーボール』(ベネット・ミラー監督)
監督賞:園子温監督(『冷たい熱帯魚』
主演男優賞:堺雅人(『武士の家計簿』『日輪の遺産』『ツレがうつになりまして。』
主演女優賞:永作博美(『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』『八日目の蝉』
助演男優賞:でんでん(『冷たい熱帯魚』
助演女優賞:宮本信子(『阪急電車 片道15分の奇跡』
新人賞:砂田麻美監督(『エンディングノート』
特別賞:新藤兼人監督(『一枚のハガキ』)、原田芳雄(『大鹿村騒動記』
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top