西島秀俊vs香川照之! 日本版『インファナル・アフェア』で激突

最新ニュース

「ダブルフェイス」TBS&WOWOW共同記者会見
  • 「ダブルフェイス」TBS&WOWOW共同記者会見
  • 「ダブルフェイス」TBS&WOWOW共同記者会見
  • 「ダブルフェイス」TBS&WOWOW共同記者会見
  • 「ダブルフェイス」TBS&WOWOW共同記者会見
  • 「ダブルフェイス」TBS&WOWOW共同記者会見
  • 「ダブルフェイス」TBS&WOWOW共同記者会見
  • 「ダブルフェイス」TBS&WOWOW共同記者会見
  • 「ダブルフェイス」TBS&WOWOW共同記者会見
TBSとWOWOWが局の垣根を越えて手を組み、香港発の人気映画『インファナル・アフェア』を日本人キャストでリメイクしたドラマ「ダブルフェイス」を製作。W主演を務める西島秀俊と香川照之に、監督の羽住英一郎が10月3日(水)に都内で記者会見を行なった。

オリジナル版ではスパイとして刑事となったギャングと潜入捜査のためギャングとなった2人の男の命運が描かれるが、今回のドラマでは西島さんが実は潜入捜査官であるヤクザの幹部を、香川さんが実はヤクザであるエリート警察官を演じる。TBS版の「潜入捜査編」とWOWOW版の「偽装警察編」の2話に分けて放送され、いずれのエピソードも羽住監督がメガホンをとるという斬新なもの。

元々、映画『インファナル・アフェア』の大ファンだったという西島さんは、オファーを受けたときを「夢のような話だった」とふり返る。特にオリジナルでトニー・レオンが演じたこの役が好きだったそうで「この役は日本では自分にしかできないと信じて全身全霊をかけてやりました」と語る。

一方、香川さんは最初に話を聞いたとき「どっちがどっちの役をやるんだろう? と思った」と明かし、「西島さんは『自分にしか』と仰いましたが、役を交換して撮っても面白いと思う。僕もトニー・レオンがやりたいんだよ(笑)!」と羨ましそうに語り笑いを誘っていた。

2人は二十年来の友人だが、本格的な共演は今回が初めて。西島さんは「香川さんのイメージは昔から一貫して“本気の役者”。徹底的に役を作って全力で演じる方と思ってましたが、現場でそれをより強く感じました」と述懐。香川さんも「西島さんに対しては“ストイックな方”というイメージを持ってましたが、その思いが倍加しました。肉体を含めて贅肉がない演技をする方」と称賛を込めて語った。

互いに異なる立場で異なる組織に生きる男ということで、2人が直接絡むシーンは決して多くはない。西島さんは敵対する関係ということで「初めての共演は嬉しかったですが、あえて現場では距離を置いていました」と明かす。そんな中で訪れた共演シーンについて、香川さんは「こちらがゆらゆら揺れるとすれば、西島さんは小さな石を体の中にグッと抱えているような感じでした」とその印象を表現。

羽住監督は「この2人をとにかくこれまでで一番カッコよく撮りたいという思いで臨みました。2人に引っ張っていただく形で全力で撮れました。手応えを感じています」と充実した表情を見せた。

TBS版「ダブルフェイス 潜入捜査編」は10月15日(月)21:00より、WOWOW版「ダブルフェイス 偽装警察編」は10月27日(土)20:00より放送。

TBS版「ダブルフェイス 潜入捜査編」
http://www.tbs.co.jp/double-face2012/

WOWOW版「ダブルフェイス 偽装警察編」
http://www.wowow.co.jp/drama/double-face2012/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top