最新ニュース インタビュー記事一覧(30 ページ目)

『二流小説家』上川隆也 俳優人生24年分の“好き”で開いた映画初主演の扉 画像
インタビュー

『二流小説家』上川隆也 俳優人生24年分の“好き”で開いた映画初主演の扉

上川隆也──演劇集団・キャラメルボックスで舞台経験を積み、舞台はもちろん、ドラマ、映画、バラエティなど、さまざまなフィールドで活躍する演技派俳優のひとり。芸歴24年というキャリアを持つ彼にとっては少し意外かもしれないが…

「35歳の高校生」山崎賢人 高校卒業して俳優一直線「自分なりの“何か”を見つけたい」 画像
インタビュー

「35歳の高校生」山崎賢人 高校卒業して俳優一直線「自分なりの“何か”を見つけたい」

クールな表情のすきまに時折、柔らかい笑みを覗かせる。でも要注意! この男、作品ごとに全く異なる様々な表情を見せているが、簡単にはその本性を見せてはくれない。

青柳翔×田中圭×佐々木希インタビュー “人見知り”美女と愉快なメンズのワイワイ沖縄ロケ 画像
インタビュー

青柳翔×田中圭×佐々木希インタビュー “人見知り”美女と愉快なメンズのワイワイ沖縄ロケ

「石垣牛!」「もずくそうめん!!」「島らっきょう!!!」。青柳翔、田中圭、佐々木希の口から、次々と石垣島でのおいしい思い出が語られる。撮影期間はわずか2週間で「決して天候に恵まれた撮影ではなかった」(田中さん)とのこと

アマンダ・セイフライドが語る…精神を揺さぶる『ファインド・アウト』の世界 画像
インタビュー

アマンダ・セイフライドが語る…精神を揺さぶる『ファインド・アウト』の世界

『TIME/タイム』、『レ・ミゼラブル』で美しく華やかな魅力を放っていたアマンダ・セイフライド。新作となる、全米で深刻な社会問題となっている“ミッシング・パーソン”を描いた『ファインド・アウト』では、ボロボロになりながら…

『華麗なるギャツビー』カンヌで独占インタビューvol.2 レオナルド・ディカプリオ 画像
インタビュー

『華麗なるギャツビー』カンヌで独占インタビューvol.2 レオナルド・ディカプリオ

レオナルド・ディカプリオが、名匠バズ・ラーマン監督に導かれて名作「The Great Gatsby」のミステリアスな大富豪ジェイ・ギャツビーを怪演している映画『華麗なるギャツビー』。そんな本作が、オープニング作品として出品された…

【対談:フレンチシネマの中の女性たち vol.2】 時代とヒロインの変化 画像
インタビュー

【対談:フレンチシネマの中の女性たち vol.2】 時代とヒロインの変化

フランス映画の女性の描き方も時代と共に変化していく。たとえば、「フランス映画祭2013」の上映作で8月公開の『タイピスト!』の舞台となる1950年代は、フランスでも女性の社会進出はまだ始まりかけたばかりだった。

『華麗なるギャツビー』カンヌで独占インタビューvol.1 トビー・マグワイア&キャリー・マリガン 画像
インタビュー

『華麗なるギャツビー』カンヌで独占インタビューvol.1 トビー・マグワイア&キャリー・マリガン

レオナルド・ディカプリオを主演に、名作「The Great Gatsby」を3D映画化した『華麗なるギャツビー』。本作でレオ演じる謎の男・ギャツビーに深く関わっていくことになるキーパーソンを演じたトビー・マグワイアとキャリー・マリガンに…

ウェブ無料映画館「オウチ映画館」仕掛け人が語る! ショートフィルムの魅力とは 画像
インタビュー

ウェブ無料映画館「オウチ映画館」仕掛け人が語る! ショートフィルムの魅力とは

ネスレ日本株式会社が創業100周年を記念し、この春から自社が手掛けるエンタテインメントサイト「ネスレアミューズ」内にWeb上の無料映画館「ネスレアミューズ オウチ映画館」をオープンさせ、好評を博している。

ジェラルド・バトラー インタビュー お茶目なワーカホリック「リラックスって何!?」 画像
インタビュー

ジェラルド・バトラー インタビュー お茶目なワーカホリック「リラックスって何!?」

彼だったら、やってくれそう。『エンド・オブ・ホワイトハウス』のジェラルド・バトラーは、そう思わせてくれる。演じるマイク・バニングは、大統領から絶大な信頼を寄せられる敏腕シークレットサービス。

キム・ギボム インタビュー 鍛え抜かれたボディで演じたピュアな14歳 画像
インタビュー

キム・ギボム インタビュー 鍛え抜かれたボディで演じたピュアな14歳

2004年の韓国ドラマ「4月のキス」でデビューし、25歳にしてすでに約10年のキャリアをもつキム・ギボム。「四捨五入2」、「レインボーロマンス」、「根の深い木」など多数のドラマに出演し、着実にキャリアを築き上げてきた硬派なイケメンだ。

【対談:フレンチシネマの中の女性たち vol.1】 何歳になっても“女性らしく” 画像
インタビュー

【対談:フレンチシネマの中の女性たち vol.1】 何歳になっても“女性らしく”

女性を魅力的に描くことについては、他国の映画よりも一歩抜きん出ているフランス映画。日本とフランスの架け橋として国際ジャーナリスト、エッセイスト

阿部サダヲ×菅野美穂、「家族」を語る 大切なのは“ちゃんと愛してる”を伝えること 画像
インタビュー

阿部サダヲ×菅野美穂、「家族」を語る 大切なのは“ちゃんと愛してる”を伝えること

なぜ彼が作ったリンゴは奇跡と呼ばれたのか…。リンゴを実らせるためには、年に十数回も農薬や肥料をやり、気が遠くなるほどの手間と時間を要する。

加瀬亮インタビュー 日本映画界に警鐘を鳴らす…「小さな声を潰そうとするのは危険」 画像
インタビュー

加瀬亮インタビュー 日本映画界に警鐘を鳴らす…「小さな声を潰そうとするのは危険」

喜び、哀しみ、愛情、怒り。

斎藤工、結婚に求めるものは「輝かしい部分と残酷さ」…「プロポーズがゴールじゃない」 画像
インタビュー

斎藤工、結婚に求めるものは「輝かしい部分と残酷さ」…「プロポーズがゴールじゃない」

最近、観た映画の話になると、斎藤工は文字通り目を輝かせて、英語の字幕さえもついていないというインドネシア映画についてまで熱く語り始める。そして、恐る恐るこの日のインタビューの目的である最新主演作でBeeTVで…

【インタビュー】“美しき闘う女”チャン・ツィイー、運命を切り拓く真の女性の強さとは? 画像
インタビュー

【インタビュー】“美しき闘う女”チャン・ツィイー、運命を切り拓く真の女性の強さとは?

先日行われた第66回カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門の審査員を務めたチャン・ツィイー。審査を務めるのは3度目とあって、すっかりなじみの場所となったカンヌでは「エリ・サーブ」の優美なドレス姿で我々を魅了してくれたが…

新海誠監督インタビュー 「万葉集」と“雨”の歌から生まれた、「これは雨宿りの映画」 画像
インタビュー

新海誠監督インタビュー 「万葉集」と“雨”の歌から生まれた、「これは雨宿りの映画」

鳴る神の 少し響みて(とよみて) さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ  「雷が少しだけ鳴り響き、曇り空が広がり雨が降ってくれたら、帰ろうとするあなたを引き留められるのに」――。恋に焦がれ、そして恋に少しだけ臆病な女性の心情を詠み

ソ・ジソブ インタビュー【後編】「作品の積み重ねによって今の自分自身がある」 画像
インタビュー

ソ・ジソブ インタビュー【後編】「作品の積み重ねによって今の自分自身がある」

「会社」という組織で働く者なら誰もがどんな仕事であれ、「このままここで働いていていいのだろうか?」「私はなんのために働いているのだろう?」…そんなことを考えたことがあるのではないだろうか。映画『ある会社員』で

ソ・ジソブ インタビュー【前編】「仕事の向き合い方でその人が見える」 画像
インタビュー

ソ・ジソブ インタビュー【前編】「仕事の向き合い方でその人が見える」

「会社」という組織で働く者なら誰もがどんな仕事であれ、「このままここで働いていていいのだろうか?」「私はなんのために働いているのだろう?」…そんなことを考えたことがあるのではないだろうか。

綾瀬はるかインタビュー 常に信じ続ける「“技”ではなく“感情”」の芝居 画像
インタビュー

綾瀬はるかインタビュー 常に信じ続ける「“技”ではなく“感情”」の芝居

ふわりとした柔らかな物腰ですべてを受け止めながら、そのまま流されはしないしなやかさ。笑顔を絶やさず、素直に正直に語る綾瀬はるかの口調からは、しっかりとした意志と芯の強さが伝わってくる。

加瀬亮×三木聡監督インタビュー 俳優を魅了する三木映画“『日常』と『変』のループ” 画像
インタビュー

加瀬亮×三木聡監督インタビュー 俳優を魅了する三木映画“『日常』と『変』のループ”

初めて三木聡監督作品『インスタント沼』の現場に飛び込んだとき、加瀬亮は「何なんだ、この監督は!?」と衝撃を受けたというが、おそらく多くの観客がスクリーンの中の彼を見た瞬間にこう思っただろう。

ラシダ・ジョーンズ インタビュー【後編】 父が後押ししてくれた、脚本家への夢 画像
インタビュー

ラシダ・ジョーンズ インタビュー【後編】 父が後押ししてくれた、脚本家への夢

『セレステ∞ジェシー』に描かれていることは、全て彼女の経験した感情に基づくものだ。実は、共同執筆したウィルと、90年代に数週間交際した経験も本作に反映されている。

ラシダ・ジョーンズ インタビュー【前編】 自分の中の“セレステ”な部分 画像
インタビュー

ラシダ・ジョーンズ インタビュー【前編】 自分の中の“セレステ”な部分

アメリカでわずか4館から上映をスタートし、やがて口コミによって評判となり上映劇場を586館にまで拡大させた話題の作品が、いよいよ日本にやって来た。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 25
  5. 26
  6. 27
  7. 28
  8. 29
  9. 30
  10. 31
  11. 32
  12. 33
  13. 34
  14. 35
  15. 40
  16. 50
  17. 最後
Page 30 of 90
page top