オリヴァー・ストーン監督による、ブッシュ大統領の伝記映画の主要キャストが決定

オリヴァー・ストーン監督が4月から撮り始めるブッシュ米国大統領の伝記映画『W.』(原題)の主要キャストが明らかになったと、ハリウッド・リポーター誌が報じた。

最新ニュース
妻で女優のダイアン・レインとアカデミー賞に出席したジョシュ・ブローリン -(C) Reuters/AFLO
  • 妻で女優のダイアン・レインとアカデミー賞に出席したジョシュ・ブローリン -(C) Reuters/AFLO
オリヴァー・ストーン監督が4月から撮り始めるブッシュ米国大統領の伝記映画『W.』(原題)の主要キャストが明らかになったと、ハリウッド・リポーター誌が報じた。

主人公であるジョージ・W・ブッシュを演じるのは、『ノーカントリー』でハビエル・バルデム扮する殺し屋に追われるベトナム帰還兵・モスを演じたジョシュ・ブローリン。ローラ夫人役には『スパイダーマン3』『シービスケット』『40歳の童貞男』などに出演しているエリザベス・バンクスが起用された。

ストーンは、かつて『ウォール街』で組んだスタンリー・ワイザーと共同で脚本も執筆、父で元米国大統領のジョージ・H・W・ブッシュとの関係や、奔放に過ごした青年期などに焦点を当てながら、「公正な真実のブッシュ像を描く」としている。4月にルイジアナ州でクランク・インし、映画の公開は2009年の予定。



妻で女優のダイアン・レインと今年のアカデミー賞に出席したジョシュ・ブローリン。

© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top