ブランジェリーナ、難民救済のために国連難民支援機関に100万ドルを寄付

最新ニュース

世界難民の日のイベントに出席したアンジー -(C) Splash/AFLO
  • 世界難民の日のイベントに出席したアンジー -(C) Splash/AFLO
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが設立した慈善団体「ジョリー・ピット基金」が、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によるパキスタンの難民救済支援のため100万ドルを寄付したことが明らかになった。

同機関によると、パキスタンでは今年に入ってから、北西部で政府軍とタリバンの抗争が激化し、200万人もの人々が住む家をなくしている状態で、過去10年間で人道的に最も厳しい危機を迎えているという。アンジーは2001年にUNHCR親善大使に任命されて以来、3度パキスタンを訪問しており、2005年にはブラピも一緒に同地を訪れている。

アンジーは18日、ワシントンDCで開かれた世界難民の日のイベントにも出席、各地で出会った難民たちの窮状について声をつまらせながら語り、「彼らは私がいままで出会った中で最も素晴らしい人々です」とスピーチを行った。



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top