アンジェリーナ・ジョリーがクレオパトラ役に挑戦。相手役にふさわしい男優は誰?

アンジェリーナ・ジョリーが、『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャー監督のもとで絶世の美女であるエジプトの女王・クレオパトラを演じることが決まった。

最新ニュース ゴシップ
アンジェリーナ・ジョリー -(C) AP/AFLO
  • アンジェリーナ・ジョリー -(C) AP/AFLO
アンジェリーナ・ジョリーが、『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャー監督のもとで絶世の美女であるエジプトの女王・クレオパトラを演じることが決まった。

映画サイト「deadline.com」によると、フィンチャーが現在手がけている『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のハリウッド・リメイク版のプロデューサー、スコット・ルーディンと『クレオパトラ』でも再びタッグを組む。

クレオパトラと言えば、先ごろ亡くなったエリザベス・テイラーが1963年に主演した超大作『クレオパトラ』が思い出されるが、今回はそのリメイクではなく、ステイシー・シフのベストセラー「Cleopatra:A life」をもとに、男性を惑わす魔性の女というより、女王として国政に携わる側面に焦点をあてるという。

アンジー以外のキャストは未発表ながら、「People.com」ではクレオパトラの恋人であるマルクス・アントニウス役に誰がふさわしいか、と5人の俳優をピックアップ。勝手に論評している。

まずはアンジーの公私共にパートナーであるブラッド・ピット。『トロイ』で古代歴史ものに出演経験もあり、フィンチャー監督とは『セブン』、『ファイト・クラブ』、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で組んでいるので相性は抜群。ジョージ・クルーニーはブラピの友人で、アンジーと同様に人道的活動にも熱心なので気が合いそう。『007』シリーズでアクションはお手のもの、そして現在フィンチャー監督の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のリメイク版に出演中のダニエル・クレイグ。最後は『英国王のスピーチ』でオスカー主演男優賞に輝いたコリン・ファース。恋する勇敢なリーダー役をいまこそ演じるべき、という理由は、ちょっとこじつけっぽい気もするが…。

あなたはどんな俳優がふさわしいと思いますか?



写真は、『ツーリスト』のワールドプレミアに出席したアンジェリーナ・ジョリー。

© AP/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top