ダニエル・ラドクリフが、LBGTの青少年のための自殺防止の公共広告に出演

ダニエル・ラドクリフが、悩みを抱えるLBGT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、性同一性障害者)および自身の性的指向が未確定(

最新ニュース ゴシップ
今年3月にMTVに出演した際のダニエル・ラドクリフ -(C) Splash/AFLO
  • 今年3月にMTVに出演した際のダニエル・ラドクリフ -(C) Splash/AFLO
ダニエル・ラドクリフが、悩みを抱えるLBGT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、性同一性障害者)および自身の性的指向が未確定(Questioning)の青少年たちの支援活動するアメリカのNPO「トレヴァー・プロジェクト(Trevor Project)」制作の自殺防止の公共広告に出演した。

現在オンラインでも視聴可能なこの広告で、ダニエルは「どうしようもなく絶望的な気持ちになったとしても、助けになる場所が必ずあります。24時間いつでも、誰かと話すことができます」と、アメリカ国内で24時間通話可能なトレヴァー・プロジェクトのホットラインについて説明し、「君が君であることに誇りを持ってください」と語りかけている。

いじめに遭う同性愛の少年を描いてアカデミー賞短編映画賞を受賞した『Trevor』(原題)にちなんで、同作のペギー・ラジスキー監督が設立したトレヴァー・プロジェクトは、カウンセラーを含めた160人体制で24時間、悩める青少年からの電話に対応している。

MTV Newsの取材を受けたダニエルは「ずっと以前から、こういうことをしたかったんだ。僕はゲイの男性に囲まれて育ったし、僕にとって(LBGTの人々の存在は)当たり前のものだった。それに、いまの僕ならトレヴァー・プロジェクトのような素晴らしい団体に力を貸すことができるから」と、出演を決めた経緯を語った。ダニエルは昨年8月にも同団体に多額の寄付をしている。



トレヴァー・プロジェクト公式サイト
http://www.thetrevorproject.org/home2.aspx

写真は今年3月にMTVに出演した際のダニエル・ラドクリフ。

-(C) Splash/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top