ダニエル・ラドクリフが統合運動障害を告白

主演を務める『ハリー・ポッター』シリーズ第6作の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の公開が今年11月から来年7月へ延期が発表されたばかりのダニエル・ラドクリフが、統合運動障害と診断されていることを明らかにした。

最新ニュース ゴシップ
6月23日の誕生日には彼女とランチ -(C) AFLO
  • 6月23日の誕生日には彼女とランチ -(C) AFLO
主演を務める『ハリー・ポッター』シリーズ第6作の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の公開が今年11月から来年7月へ延期が発表されたばかりのダニエル・ラドクリフが、統合運動障害と診断されていることを明らかにした。

統合運動障害(dyspraxia)はイギリスでは人口の10%に見られる学習障害。歩行時に転びやすく、字を読むと吐き気やめまいに襲われることもある。

ダニエルのスポークスウーマンはデイリー・テレグラフ紙の取材に「この事実を隠してきたことは一度もありません」と事実を認め、「症状は軽度なものですが、靴ひもがうまく結べなかったり、きれいに字を書けないことがあります」と答えた。ダニエル自身も「学校では何をやってもダメだから、つらかった」と語り、学校生活がうまくいかなかったことが俳優の道へ進むきっかけにもなったと明かしている。

ロンドン公演で全裸シーンがセンセーショナルな話題を呼んだ舞台「エクウス」を引っさげて、今秋はニューヨークのブロードウェイ・デビューを果たすダニエル。シリーズ最終作となる『ハリー・ポッターと死の秘宝』は2部作の予定で、来年から撮影開始予定だという。



6月23日に19歳になったダニエルはロンドンでガールフレンドのローラ・オトゥール、両親とランチ。

© AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top