『ハリー・ポッター』シリーズ最終作の撮影は順調。エマ・ワトソンは恋人同伴

7月公開の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』に続くシリーズ最終章で2部作となる予定の『ハリー・ポッターと死の秘宝』は現在撮影の真っただ中。先週末にはスコットランドでピクニック・シーンの撮影現場が公開された。

最新ニュース ゴシップ
『ハリーポッターと死の秘宝』撮影風景 -(C) Splash/AFLO
  • 『ハリーポッターと死の秘宝』撮影風景 -(C) Splash/AFLO
7月公開の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』に続くシリーズ最終章で2部作となる予定の『ハリー・ポッターと死の秘宝』は現在撮影の真っただ中。先週末にはスコットランドでピクニック・シーンの撮影現場が公開された。

スコットランドの高地で行われた撮影にはハリー役のダニエル・ラドクリフとハーマイオニー役のエマ・ワトソンが参加。ロケ地には、エマと1年以上交際を続けている27歳の投資家のジェイ・バリモア氏も来ていて、撮影の合間に2人は手をつないで歩いたり、人目もはばからずキスしたり、とツーショットもオープンにする覚悟を固めたようだ。

現在撮影中の『ハリー・ポッターと死の秘宝』は、同シリーズ『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』と最新作『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を手がけたデイヴィッド・イェーツが三たびメガホンを取る作品。全米では第1部は2010年11月、第2部は2011年5月に公開を予定している。



『ハリー・ポッターと死の秘宝』の撮影風景。

© Splash/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top