ビリー・ボブ・ソーントン、新作は元妻のアンジーとの関係を描くものではないと断言

ビリー・ボブ・ソーントンが、現在脚本を執筆中の新作『And Then We Drove』(原題)が元妻のアンジェリーナ・ジョリーとの関係を描いているという一部報道について否定した。

最新ニュース ゴシップ
11年前に撮影されたビリー・ボブ・ソーントンとアンジェリーナ・ジョリー -(C) Rex Features/AFLO
  • 11年前に撮影されたビリー・ボブ・ソーントンとアンジェリーナ・ジョリー -(C) Rex Features/AFLO
ビリー・ボブ・ソーントンが、現在脚本を執筆中の新作『And Then We Drove』(原題)が元妻のアンジェリーナ・ジョリーとの関係を描いているという一部報道について否定した。

トム・エッパーソンと共同で脚本を執筆し、監督も務めるのは事実だが、旅の途中で出会った男女のロードムービーになる新作について、ビリー・ボブは代理人を通じて「この報道は間違いです。アンジェリーナとの関係をベースにしてもいないし、インスパイアされたものでもありません」と否定した。

事の発端は、匿名の関係者が「Variety」誌上で、『And Then We Drove』は2人のワイルドな関係からインスパイアされたものだと語ったこと。同作のプロデューサー、アレクサンダー・ロドニャンスキーもベルリン国際映画祭で受けたインタビューで肯定していた。

2000年に結婚したビリー・ボブとアンジェリーナは互いの血液をガラスの小瓶に入れペンダントにして身につけるなど、過激な愛情表現が話題を呼ぶカップルだったが、3年で破局を迎えた。ビリー・ボブ自身は「アンジェリーナは素晴らしい女性で、親友のひとり。私は親友について、ましてや昔の妻や恋人についての映画は作らない。自分のことが晒されるのは構わないが、ほかの誰かについての映画を作るつもりはない」と語っている。



© Rex Features/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

特集

関連記事

特集

page top