ブランジェリーナ、『ハリポタ』に夢中の子供たちと列車チャーターの旅

現在イギリスに滞在中のブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、ロンドンからブラッドの最新作撮影地のグラスゴーまで移動のために列車をまるごとチャーターした。

最新ニュース ゴシップ
アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット -(C) Reuters/AFLO
  • アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット -(C) Reuters/AFLO
現在イギリスに滞在中のブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、ロンドンからブラッドの最新作撮影地のグラスゴーまで移動のために列車をまるごとチャーターした。

6人の子供たちとロンドンで過ごしていたブラッドとアンジーは16日、ヴァージン・グループの鉄道会社ヴァージン・トレインズの列車をチャーターし、ブラッドの最新作『World War Z』(原題)のロケ地であるスコットランドのグラスゴーまで5時間の列車の旅を楽しんだ。最近、アンジーに連れられて『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を観て以来、すっかり列車の旅に魅せられていた子供たちは大喜びだったという。

ヴァージン・トレインズのスポークスウーマンは「Mail Online」の取材にブランジェリーナの列車チャーターの事実を認め、「費用は個々によって異なります。停車駅やケータリングなど、みなさんそれぞれリクエストが異なりますから」と答えているが、「Mirror」紙電子版によれば、推定4万ポンド(約500万円)だという。

うわさを聞きつけた大勢のファンがグラスゴー・セントラル駅で列車の到着を待ちわびていたが、列車から降りたブラッドそっくりの男性に気を取られているうちに一家は列車の反対側から降車し、プラットホーム脇に停車していたシルバーの車で駅を後にした。



© Reuters/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top