ブラッド&アンジェリーナ、マリブの自宅を売却へ

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーがカリフォルニア州マリブの邸宅の売却を決意、1,375万ドル(約10億5,500万円)で売りに出している。

最新ニュース ゴシップ
ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー -(C) Newscom/AFLO
  • ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー -(C) Newscom/AFLO
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーがカリフォルニア州マリブの邸宅の売却を決意、1,375万ドル(約10億5,500万円)で売りに出している。

太平洋を一望できる邸宅は敷地が約380平方メートル。寝室とバスルームは各4つ、人が入れる大きさの冷凍庫と冷蔵庫のある広いキッチンがあり、プールとテニスコートもある。1962年に建てられたこの物件は、ブラッドがジェニファー・アニストンと破局後に840万ドルで購入したもので、建築マニアの彼の意向なのか、ここ数年で増改築もしている。実は2年前に1,800万ドルで売りに出したものの買い手がつかず、今回は大幅値下げを決断したようだ。

ルイジアナ州ニューオーリンズのタウンハウスや南仏のお城、北イタリアの土地など多くの不動産を所有している2人は現在、ブラッドが新作『World War Z』(原題)を撮影中のスコットランドに6人の子供たちと一緒に滞在中。16世紀に建てられた豪華なマナーハウス(領主の邸宅)に滞在している。



© Newscom/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top