【インタビュー】竜星涼&犬飼貴丈が語る仕事論“やりたいかやりたくないか”を「逃してしまうのはもったいない」

妙に弾けた熱量たっぷりの青春ストーリー。作品の世界に足を踏み入れたときから、映画『ぐらんぶる』は観る者を翻弄してくる。

最新ニュース インタビュー
竜星涼&犬飼貴丈『ぐらんぶる』/photo:You Ishii
  • 竜星涼&犬飼貴丈『ぐらんぶる』/photo:You Ishii
  • 竜星涼『ぐらんぶる』/photo:You Ishii
  • 犬飼貴丈『ぐらんぶる』/photo:You Ishii
  • 竜星涼&犬飼貴丈『ぐらんぶる』/photo:You Ishii
  • 竜星涼&犬飼貴丈『ぐらんぶる』/photo:You Ishii
  • 竜星涼『ぐらんぶる』/photo:You Ishii
  • 犬飼貴丈『ぐらんぶる』/photo:You Ishii
  • 竜星涼『ぐらんぶる』/photo:You Ishii
記憶を失くした脱衣状態の男が、キャンパスのど真ん中で目覚める――。これから始まるのは謎深きサスペンス? それとも奇天烈なSF? と思いきや、やがて浮かび上がってきたのは、妙に弾けた熱量たっぷりの青春ストーリー。作品の世界に足を踏み入れたときから、映画『ぐらんぶる』は観る者を翻弄してくる。

それは観客だけでなく、物語の中心にいる主人公たちも同様。キャンパスのほぼ裸な男、もとい大学生活に期待を膨らませていた新入生・北原伊織を演じた竜星涼も、「最初はこんな作品だと思っていなくて」と苦笑いを浮かべる。

監督の指示なしでも
「テンション高く、ああなりました」


『ぐらんぶる』(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会
「ダイビングのバディ映画と聞いて、『ぜひ参加したいです!』というところから始まりました。そのときの僕は、原作をまだ知らなかったんです。脚本を読んだときも、想像していたのとは違ったけど、楽しそうだなと思いました(笑)」。

竜星さんの言葉通り、『ぐらんぶる』は大人気コミックの実写化であり、ダイビング映画でもある。伊織がほぼ裸だったのも、入部した(させられた!?)ダイビングサークルが関係しているようで…。そんな彼と同様の運命をたどり、同じサークルの仲間となる「バディ」、今村耕平を演じたのが犬飼貴丈だ。ただし、「入学した途端、事態に巻き込まれていくのは伊織も耕平も同じなんですけど…」と、犬飼さんは少々申し訳なさそう。

犬飼貴丈『ぐらんぶる』/photo:You Ishii
「耕平は耕平で、ちょっと変わっていて。伊織が普通に喋ってる横で、変なことをしていたりもするんです。なので、そこで自由に遊ばせてもらったというか。竜星さん、僕がどんなお芝居をしても受け止めてくださるので」。

となると、“巻き込まれ型主人公”の立場は伊織=竜星さんが一手に引き受けていた?

「でも、犬飼くんも、サークルメンバー役の皆さんも、熱量高く仕掛けてきてくださったので。僕はリアクションを取るだけ。自然に反応したら僕もテンション高く、ああなりました(笑)。『もっとオーバーに反応して』なんて監督からの指示は一切なかったです」。

竜星涼『ぐらんぶる』/photo:You Ishii
《text:Hikaru Watanabe/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top