ヒューマン/ 青春 『17歳の瞳に映る世界』作品情報

2021年7月16日 公開の映画作品

あらすじ

ペンシルベニア州に住むオータムは、友達も少なく、目立たない17歳の高校生。ある日、オータムは自信が予期せず妊娠していたことを知る。ペンシルベニアでは未成年者は両親の同意がなければ中絶手術を受けることができない。同じスーパーでアルバイトをしている従妹であり親友でもあるスカイラーは、オータムの異変に気付き、金を工面し、ふたりで中絶に両親の同意が必要ないニューヨークに向かう…。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督・脚本

エリザ・ヒットマン

キャスト

  • シドニー・フラニガンオータム
  • タリア・ライダースカイラー
  • セオドア・ペレリン
  • ライアン・エッゴールド
  • シャロン・ヴァン・エッテン

作品データ

  • 2021年7月16日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開
  • 原題Never Rarely Sometimes Always
  • 公開日 2021年7月16日
  • 製作年2020
  • 製作国アメリカ
  • 上映時間101分
  • 映倫区分G
  • 配給会社ビターズ・エンド、パルコ
  • クレジット© 2020 FRIENDS IN TROUBLE LLC / FOCUS FEATURES LLC
ジャンル
感情タグ

『17歳の瞳に映る世界』関連記事

『Summer of 85』『17歳の瞳に映る世界』『スザンヌ、16歳』今年注目の“ティーンムービー”3選 画像
洋画ニュース

『Summer of 85』『17歳の瞳に映る世界』『スザンヌ、16歳』今年注目の“ティーンムービー”3選

10代を描いた映画は世代を超えて観る者の心に鮮烈な感動を与えてきた。その描き方も多様化する中、今年の夏も10代が体験する初恋や苦難を描いた作品が目白押し。

『17歳の瞳に映る世界』原題が意味するカウンセリングシーン解禁「絶対に忘れない」「号泣した」 画像
洋画ニュース

『17歳の瞳に映る世界』原題が意味するカウンセリングシーン解禁「絶対に忘れない」「号泣した」

望まない妊娠をした主人公オータムの旅路を描いた『17歳の瞳に映る世界』から、原題『Never Rarely Sometimes Always』の意味が明かされるシーンの本編映像が解禁

『17歳の瞳に映る世界』をきっかけに、「My Body, My Choice」を考える<アーカイブ> 画像
レポート

『17歳の瞳に映る世界』をきっかけに、「My Body, My Choice」を考える<アーカイブ>

【『17歳の瞳に映る世界』をきっかけに、「My Body, My Choice」を考える】オンライントークイベントを開催した。

ペンシルベニアからニューヨークへ…2人の少女の瞳に映るロケ地『17歳の瞳に映る世界』 画像
洋画ニュース

ペンシルベニアからニューヨークへ…2人の少女の瞳に映るロケ地『17歳の瞳に映る世界』

「言葉にならないぐらい揺さぶられた」「優れたシスターフッド映画」など、賞賛の声が続々と上がっている『17歳の瞳に映る世界』から、ロケ地となったペンシルベニア・シャモーキンとニューヨークのスポットを紹介。

世界が絶賛『17歳の瞳に映る世界』主演シドニー・フラニガン、出演の決め手は「力強いシナリオ」 画像
洋画ニュース

世界が絶賛『17歳の瞳に映る世界』主演シドニー・フラニガン、出演の決め手は「力強いシナリオ」

『17歳の瞳に映る世界』主演シドニー・フラニガンと、“いとこ役”タリア・ライダーのインタビューが到着。

【7月19日実施】『17歳の瞳に映る世界』をきっかけに、「My Body, My Choice」を考える!奥浜レイラ&SYO&シオリーヌが登壇 画像
スクープ

【7月19日実施】『17歳の瞳に映る世界』をきっかけに、「My Body, My Choice」を考える!奥浜レイラ&SYO&シオリーヌが登壇

シネマカフェは「Let’s Keep Updated」と題し、映画と一緒に地球のこと、自分たちのことをトークしながら考えるオンラインイベントを開催する。

「#MeToo運動とも繋がっている」『17歳の瞳に映る世界』女性監督明かす 画像
洋画ニュース

「#MeToo運動とも繋がっている」『17歳の瞳に映る世界』女性監督明かす

高校生2人の数日間の旅路を描く『17歳の瞳に映る世界』から、本作で絶賛を得たエリザ・ヒットマン監督のインタビューが到着。

妊娠検査薬を険しく見つめるオータム…『17歳の瞳に映る世界』本編映像&監督のコメント到着 画像
洋画ニュース

妊娠検査薬を険しく見つめるオータム…『17歳の瞳に映る世界』本編映像&監督のコメント到着

『17歳の瞳に映る世界』から、主人公の学生オータムが、望まぬ妊娠という現実に直面するシーンの本編映像と監督エリザ・ヒットマンのコメントが到着。

【ご招待】『17歳の瞳に映る世界』試写会に10組20名様 画像
イベント

【ご招待】『17歳の瞳に映る世界』試写会に10組20名様

〆切り:6月22日(火)12:00まで

「女性たちの語られざる旅の物語」描く…『17歳の瞳に映る世界』気鋭監督がコメント 画像
洋画ニュース

「女性たちの語られざる旅の物語」描く…『17歳の瞳に映る世界』気鋭監督がコメント

予期せぬ妊娠をした17歳の少女が故郷のペンシルベニア州からニューヨークへと向かう旅路を描く『17歳の瞳に映る世界』。この度、メガホンをとったエリザ・ヒットマン監督からコメントが到着した。

少女たちの勇敢な旅路を新星女優&新鋭監督が活写『17歳の瞳に映る世界』予告編 画像
洋画ニュース

少女たちの勇敢な旅路を新星女優&新鋭監督が活写『17歳の瞳に映る世界』予告編

世界の映画祭で絶賛された『17歳の瞳に映る世界』の公開日が7月16日(金)に決定、2人の少女の旅路と困難を映した予告編、ポスタービジュアルが解禁。

ベルリン銀熊賞ほか世界で絶賛!女性監督エリザ・ヒットマン『17歳の瞳に映る世界』7月公開 画像
洋画ニュース

ベルリン銀熊賞ほか世界で絶賛!女性監督エリザ・ヒットマン『17歳の瞳に映る世界』7月公開

第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)、サンダンス映画祭審査員ネオリアリズム特別賞を受賞した女性監督エリザ・ヒットマンによる『Never Rarely Sometimes Always』(原題)が邦題『17歳の瞳に映る世界』として7月、日本公開されることが決定した。

page top