ジョニー・デップの次回作、相手役にマリオン・コティヤール

最新ニュース

昨年8月に来日したマリオン・コティヤール
  • 昨年8月に来日したマリオン・コティヤール
『エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜』でフランスの伝説の歌姫を演じ、2月24日(現地時間)に発表される第80回アカデミー賞の主演女優賞候補となったマリオン・コティヤール。その熱演が認められ、次回作は『コラテラル』『マイアミ・バイス』のマイケル・マン監督の新作で、ジョニー・デップとの共演が実現しそうだ。

1929年に始まった大恐慌時代が舞台の犯罪ドラマ『パブリック・エネミーズ』(原題)で、出演が決まれば、ジョニーが演じる実在の銀行強盗で“民衆の敵(パブリック・エネミー)”と呼ばれたジョン・デリンジャーの恋人で歌手のビリーを演じることになる。

原作はブライアン・バロウ著のノンフィクション「Public Enemies: America's Greatest Crime Wave and the Birth of the FBI, 1933-43」。ベビーフェイス・ネルソン、プリティボーイ・フロイドといったデリンジャーの仲間たちと政府の攻防を描くもので、FBI捜査官のメルヴィン・パーヴィスをクリスチャン・ベイルが演じる。撮影は3月からシカゴで開始、公開は来年を予定している。



昨年の8月にオリヴィエ・ダアン監督とともに『エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜』のプロモーションで来日したマリオン・コティヤール。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top