将軍様のおな〜り〜! 柴咲コウ、ついにクランクイン 『大奥』御鈴廊下で製作会見 

最新ニュース

『大奥』 -(C) 男女逆転「大奥」製作委員会
  • 『大奥』 -(C) 男女逆転「大奥」製作委員会
映画『大奥』の製作会見が5月20日(木)、撮影が行われている京都東映撮影所内のスタジオで開催され、主演の二宮和也を始め、柴咲コウ、佐々木蔵之介、玉木宏、そして金子文紀監督が出席した。将軍・吉宗役の柴咲さんはこの日がクランクイン。将軍様の“朝の総触れ(そうぶれ)”シーンの撮影が行われた。

江戸城・大奥の象徴とも言える場所が御鈴廊下(おすずろうか)。玉木さん演じる御中臈・松島を始め、豪華絢爛、色とりどりの裃(かみしも)をまとった男たちで埋め尽くされた廊下での“朝の総触れ”に吉宗が就任後初めて臨み、二宮さん演じる主人公の水野祐之進と初めて対面するシーンの撮影が行われた。佐々木蔵之介演じる大奥総取締役の藤波と浅野和之扮する御伽坊主を従えて、吉宗が現れるとおよそ50名の男たちがひれ伏す。色とりどりの裃、長袴を着飾った男たちを見て、質素倹約を掲げる吉宗は「何とまぁ、バカバカしいほど着飾った男どもだ」とつぶやくが、そんな中でひとり、真っ黒の裃を身につけた水野の存在は異質である。畳約100畳、長さ約40メートルの廊下を、柴咲さんが男勝りの激しい足取りで堂々と歩くさまは圧巻! 壮観!

会見で、男性キャストに、男子校のような(?)男だらけの現場の感想を尋ねると、「変な意味じゃなく、気を遣わずにベラベラ話せるのがいいですね。男子は男子で集まるとやっぱり気兼ねなく話せているのが印象的ですね」と二宮さん。玉木さんも「男女逆転の話なので、違和感があるかなって思ったんですけど、そんなに違和感はなく、気を遣うこともなく、自然に楽しく進んでいます」と笑顔を見せた。佐々木さんも「僕は初日に玉木さんとラブシーンをやったんですけど、気持ちを作って、それに体もついていって、全力でやった結果、お互い心が通じ合えたかなと。だからいまは玉ちゃんとはオープンで」とノリノリ。

一方、“少数派”柴咲さんはというと「今日が初日で、何日も過ごしているわけではないので、すごく新鮮で、むさ苦しさも感じていません…いまのところ。男女逆転と言えど、性格が変わるわけではなく、女性っぽい集団というわけではなく、男らしさ、凛々しさを持っている俳優さんたちが演じている大奥なので、逆に清々しさも感じられると思います」と語った。

また、初挑戦となる時代劇について二宮さんは、「侍」、「町人」といった言葉を挙げ「イントネーションが難しい」と苦笑い。一方で自身のちょんまげ姿については「すごく似合っていると思います! 結構、快適だったんで、いいかなぁって。つけてくださった人たちも、周りですごく『似合う、似合う』って。すごく推してくれたんで、僕自身も推していこうと思ってます(笑)」と胸を張った。

柴咲さんは乗馬がたいそう気に入ったようで「ハマりますね! 将来は、田舎に越して馬を足にして生活したいです」と語り、「そんなに(笑)!?」(二宮さん)、「どれだけハマってるんだよ!」(玉木さん)など共演陣から驚きの声が挙がっていた。

『大奥』は10月1日(金)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top