『大奥』金子監督 二宮和也を「国宝級」と絶賛! 110万人突破で続編にも意欲

最新ニュース

『大奥』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『大奥』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『大奥』の大ヒット御礼舞台挨拶が10月14日(木)、東京・有楽町の丸の内ピカデリー3で行われ、主演の嵐・二宮和也と金子文紀監督が出席した。

男女の役割が逆転した男の園・大奥の愛憎を描く時代劇。配給元のアスミック・エース エンタテインメントによると、今月1日(金)より全国312スクリーンで公開され、13日(水)までに観客動員110万人、興行収入13億円と好記録を出してヒット中。二宮さんは「ここからが本番です。本当に多くの人に愛していただいてありがとうございます」とますますのヒットを狙う野心をうかがわせつつ感謝の弁。

台湾ほかアジア各国からの公開オファーがあるという“朗報”も発表され、金子監督は「日本人だから分かるワビ、サビとか、日本人だから言えない部分ってあると思うけど、男女が逆転したから伝わるかもしれない」とニンマリ。北米でも高い評価を受けており、今後、北米公開の可能性も。

また観客からの続編に関する質問に「具体的な構想はありませんが、これだけ喜んでいただいたし、もっと楽しんでいただければ、次をやる勇気もわいてきます。でもやる以上は、いま以上のモノを、となるのでそんなに簡単には答えられない質問です」と慎重な姿勢を見せつつも前向きな意気込みを語った。

一方で、金子監督は時代劇初挑戦となった二宮さんの印象を改めて「もう褒めすぎちゃってますけど、天才っすよね。国宝級と言っていいでしょう。図に乗っちゃいますけど」と大絶賛し「(二宮さんから)“ネコちゃん”って呼ばれてますけど…」。二宮さんは「だって『木更津キャッツアイ』を“カネコ”監督が撮ったって、俺の中では最高のギャグです。だからネコちゃん!」と解説。監督から「そんなにベタなの?」と聞かれても、ツボにハマっている様子で笑っていた。

映画『大奥』は全国にて公開中。

『大奥』“美しき男”キャラクター投票
http://blog.cinemacafe.net/live/fes/ohoku/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top