『大奥』新キャストに掘北、玉木、阿部サダヲ、大倉忠義! 二宮との決闘も!?

最新ニュース

『大奥』 -(C) よしながふみ/白泉社
  • 『大奥』 -(C) よしながふみ/白泉社
よしながふみの同名漫画を映画化した歴史絵巻『大奥』に、堀北真希、大倉忠義(関ジャニ∞)、玉木宏、阿部サダヲの4人が出演することが発表された。

本作は、謎の疫病により男性の人口が激減した江戸時代、男女の役割が逆転し、一人の女将軍に三千人の美男が仕えるという世界を舞台に、人々の野望や愛憎を映し出した歴史絵巻。ひと筋縄ではいかない大奥において士道を追い求め、剣の腕と才覚でのし上がっていく主人公の旗本・水野祐之進を二宮和也が、男勝りの八代“女”将軍・吉宗を柴咲コウが演じることが昨年末に発表されていた。

そして今回新たに発表されたキャスト4名の役どころを順にご紹介! NHK大河ドラマ「篤姫」で和宮を演じて以来の時代劇出演となる堀北さんが今回演じるのは、水野と幼なじみで、名門薬問屋の娘・お信(写真左上)。水野とは両想いながら、貧乏旗本と名門薬問屋という身分違いのかなわぬ恋に身を焦がし、思い悩む。堀北さんは「誰も思いつかないような面白い設定のこの作品に出演することが決まり、わくわくしています。また、役者として尊敬している二宮くんと共演させていだだけるということで、大変嬉しく思います。男性ばかりの大奥がどんな華やかさを醸し出すのか楽しみです。私は好きな人を大奥に送り出す役どころですが、幼なじみ同士の、お互い素直になれない恋のゆくえを楽しみにしてほしいです」とクランクインをかなり楽しみにしている様子。

堀北さんと同じく「篤姫」での坂本龍馬役以来の時代劇出演となる本作で、大奥のエリート集団“御中臈(おちゅうろう)”にあって、飛びぬけた美貌と聡明さで将軍の寵愛と出世を狙う松島(同右上)を演じるのは玉木さん。上司にあたる大奥総取締役の藤波や部下の鶴岡(後述)とも体の関係を持つ策略家という役どころに挑む。玉木さんは「厳しい時代に生まれ、その中でそれぞれが自分らしく生き抜くための術…。フィクションでありながら、僕が演じる松島を含め、登場人物ひとりひとりの気持ちに共感することが出来ました。原作と同じく、いまの世の中に向けて、大切なことがたくさん詰まった 作品になるよう、大奥の一員、松島をしっかり演じたいと思います」と役への共感と撮影に向けた意気込みを語っている。

そして意外にも(?)哀愁漂う二枚目男・杉下(同右下)を演じるのが阿部さん。杉下は、大奥に入って10年になる古参であり、貧しい御家人の家の出ということもあって、ある種の諦観を抱きつつも、大奥に一生を捧げる決意を持っている。新入りの水野に大奥での作法や、生き方を教える男という役どころで、これまでとはひと味違う阿部さんが見られそう。「杉下、かっこいいですっ!」と興奮気味の阿部さん。TV、映画での本格時代劇出演は初めてとなるが「江戸時代に近い体型を活かして頑張ります!」と気合い十分。

そして、注目はこの人! 映画初出演となる大倉さんが演じるのは剣の達人・鶴岡(同左下)。大奥の道場No.1の腕前を持ちながら水野との試合で敗北を喫し、さらに恋慕する上司・松島(玉木さん)に捨てられたことで乱心し、水野に決闘を挑むという美しくも誇り高き男。「初めて二宮さんと共演することになり、とても楽しみにしています。また、現場ではいろいろと勉強させてもらいたいです。豪華な共演者の方々の中で、自分の色を出せるように頑張ります」とコメントを寄せてくれた。水野と鶴岡の鬼気迫る決闘シーンに加え、愛憎がうごめくドロドロの人間ドラマをどのように表現するのか? 撮影開始前から想像するだけでも期待に胸が熱くなる!

二宮さん、柴咲さん、堀北さん、玉木さん、阿部さん、大倉さんと、ズラリと並んだ豪華な顔ぶれにただ驚くばかりだが、今後、このメンバーに負けない豪華な共演陣が新たに発表される予定とか…。『木更津キャッツアイ』シリーズを成功に導いた磯山晶プロデューサーと、『雨あがる』で日本アカデミー賞を総なめにした荒木美也子プロデューサーのタッグだからこそ実現可能なこの豪華歴史絵巻。完成作がどのような輝きを放つのか、いまから待ち遠しい!

『大奥』は今後、4月のクランクインに向けて準備が進められ、10月1日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top