二宮 「ジャニーズ事務所は男女逆転の大奥、嵐は御中臈みたいなもの」

最新ニュース

『大奥』クランクアップ記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『大奥』クランクアップ記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『大奥』クランクアップ記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『大奥』クランクアップ記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『大奥』クランクアップ記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『大奥』クランクアップ記者会見 photo:Yoko Saito
映画『大奥』(金子文紀監督)のクランクアップ会見が7月5日(月)、東京・六本木のグランドハイアット東京で行われ、主演の嵐・二宮和也、共演の柴咲コウ、堀北真希らが出席した。

男たちだけが患い、死に至る謎の疫病が流行した江戸・徳川の治世下を舞台に、1人の女将軍に3,000人の美しい男たちが仕える女人禁制の男の園、“逆転”大奥の人間模様を描く純愛ストーリー。原作は、漫画家・よしながふみの同名人気コミック。

二宮さんは、第八代将軍・吉宗(柴咲さん)の寵愛を受けることになる水野祐之進役。男女の役割が逆転した設定下での役作りの苦労を聞かれると「そもそもジャニーズ事務所が男女逆転の大奥みたいなものですから。そこからデビューした嵐自体が(大奥の役職のひとつ)御中臈みたいなもの。すんなり置きかえられましたね。で、そこに一番強い人がいるんだなぁ、と」とサラリ。会場の笑いを誘った。

劇中、中村蒼を相手にキスシーンにも挑戦。感想を聞かれると「非常に柔らかく、温かかった。僕、(キスを)される側が多かったんですけど、今回する側で、4、5回しましたかねぇ、毎回申し訳ない…だって27のオジサンが若手にグイグイ行くので謝りながら、でも台本に書いてあることだから、という2つを押し通しました」。中村さんは「いい感じでやりました。正直、男の方とは2度目だったので、ちょっと慣れた感じでした。でもこんな方とできるのはめったにない」と喜んだ。

一方で、もしいまと性別が逆転したらやってみたいことは? との質問に、二宮さんは「出産。子を産むと強くなると聞いたことがあるので」。柴咲さんは「一人旅、放浪したい。やっぱり女だと危険なゾーンとかあるので」。堀北さんは「何かのスポーツに専念し、ムキムキガチガチの体になりたい」とそれぞれ楽しげに話していた。

『大奥』は10月1日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top