二宮和也&柴咲コウでよしながふみの人気漫画「大奥」映画化 女将軍に美男子三千人!

最新ニュース

「大奥」 -(C) よしながふみ/白泉社
  • 「大奥」 -(C) よしながふみ/白泉社
  • 「大奥」 -(C) よしながふみ/白泉社
TVドラマ化および映画化された「西洋骨董洋菓子店」などの人気漫画を手掛けてきたよしながふみが現在「メロディ」(白泉社刊)にて連載中の「大奥」が、二宮和也と柴咲コウをキャストに迎えて映画化されることが発表された。

謎の疫病により男性人口が激減した結果、男女の役割が逆転したという設定で、1人の女将軍に3,000人もの美男が仕えるという世界を描いて人気を博し、本年度手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した本作。20社以上の競合の末に、『博士の愛した数式』、『雨あがる』の荒木美也子、TBSの人気ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」、「木更津キャッツアイ」などを手掛けてきた磯山晶を製作に、そして同じく「木更津キャッツアイ」や「流星の絆」などで独特の演出センスが異彩を放つ金子文紀を監督に迎えて、アスミック・エースとTBSの企画・制作で映像化されることが決まった。

主演の水野祐之進を演じるのは、数々のTVドラマでの高い評価に加え、映画『硫黄島からの手紙』ではクリント・イーストウッド監督に絶賛された二宮和也。『青の炎』以来、7年ぶりの単独主演作品となる本作では、男女の役割が逆転した大奥でただ一人、武士道を追い求め、剣の腕と才覚でのし上がっていく青年を演じる。

そして、大奥の男たちの運命を握る絶対的な権力者であり、幕府の財政改革に大ナタを振るう男勝りの女将軍、徳川吉宗を演じるのは柴咲コウ。二宮さん、柴咲さん共に時代劇は初挑戦で共演も本作が初めてとなる。

出演決定に際し、2人からのコメントも到着。二宮さんは「初の時代劇に、初共演と初モノづくしな印象です。新鮮な気持ちで取り組み、新たな形の時代劇が出来上がる様に、出演者とスタッフで丁寧に作っていきたいです。しかし、男女逆転大奥とは…。斬新だなぁ。そして、柴咲さんと共演できると聞いて、嬉しかったです。お芝居がうまいと思えるひとと一緒にできるっていうのはとても幸せな現場だなぁっと。今から楽しみにしております!」。

“将軍”柴咲さんも「客観的に、女性が将軍となっての『大奥』。どんな映画になるのか楽しみです。コミックを読んで、男女が逆転した世間の描き方に妙に説得力があったし、現代までに通ずる女性の芯の強さがより濃く感じられた。その“吉宗”を演じさせていただくことになりましたが、持ち前の意志のハッキリしたところや一本気な性格を活かしつつ、役の根底にある魂の熱みたいなものを、作品の世界観と共に享受できたら、と思います。本格時代劇初となりますが、自分の好む“和”の世界に浸りつつも新しいものが出せれば、と思います。二宮和也さんとのお仕事は初めてですが、足を引っ張らないよう、且つ、お芝居を真近で受けられる喜びを携え、現場を楽しみたいと思います」と共に初共演を楽しみにしている様子。2人の“化学反応”も楽しみなところだ。

徹底的な時代考証と男女逆転というたった一つの嘘。どのような歴史絵巻が完成するのか——? 本作は4月から撮影開始となるが、2人以外のキャスト陣も今後発表される。

『大奥』は2010年10月1日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top