堺雅人が女将軍を翻弄! 男女逆転『大奥』、ドラマ&映画で続編決定

最新ニュース

「大奥[有功・家光篇]」/『大奥[右衛門佐・綱吉篇]』 ©2012男女逆転『大奥[右衛門佐・綱吉編]』製作委員会 ©よしながふみ/白泉社
  • 「大奥[有功・家光篇]」/『大奥[右衛門佐・綱吉篇]』 ©2012男女逆転『大奥[右衛門佐・綱吉編]』製作委員会 ©よしながふみ/白泉社
  • 「大奥[有功・家光篇]」/『大奥[右衛門佐・綱吉篇]』 ©2012男女逆転『大奥[右衛門佐・綱吉編]』製作委員会
  • 「大奥[有功・家光篇]」/『大奥[右衛門佐・綱吉篇]』 -(C)2012男女逆転『大奥[右衛門佐・綱吉編]』製作委員会 -(C) よしながふみ/白泉社
  • 「大奥[有功・家光篇]」/『大奥[右衛門佐・綱吉篇]』 -(C)2012男女逆転『大奥[右衛門佐・綱吉編]』製作委員会 -(C) よしながふみ/白泉社
よしながふみによる大人気漫画を原作に、2010年10月に劇場公開され、興行収入で23億円、動員数200万人を突破した大ヒット映画『大奥』。“男女逆転”した大奥の愛憎渦巻く世界を描き、人気を博した本作の待望の続編がこのほど、ドラマ&映画という壮大なプロジェクトとして始動することが決定! 堺雅人が一人二役で主演を務めることが分かった。

原作「大奥」(白泉社)は2004年に少女コミック誌「メロディ」にて連載開始されて以来、謎の疫病により男女逆転した江戸時代の大奥という斬新な設定と奥深い物語で、熱狂的な支持を受けてきた大人気漫画。前作では、8代将軍・吉宗の時代が描かれたが、今回手がけられるドラマ版では大奥が誕生した3代将軍・徳川家光の時代、映画版では“犬将軍”こと徳川綱吉の時代の“大奥”が実写化される。

この一大プロジェクトのメインキャストに今回抜擢されたのが、『武士の家計簿』『日輪の遺産』『ツレがうつになりまして。』などで国内映画賞を受賞している堺雅人。ドラマ版では、汚れなき心で将軍を支える院主・有功(ありこと)、そして映画版では胸に野望を秘めた、有功に瓜二つの男・右衛門佐(えもんのすけ)という一人二役の主役を演じる。そして、有功と右衛門佐それぞれと愛のドラマを交わす女将軍を演じるのは、このふたり。ドラマ版では、国のため翻弄されながらもわが身を捧げる初の女将軍となる3代将軍・家光をドラマ「デカワンコ」など多彩な活躍を見せる若手注目女優、多部未華子。その30年後を描いた映画版では、不安と孤独に苛まれながらも愛を求め続ける5代将軍・綱吉を女性からの支持が厚い演技派女優、菅野美穂が演じる。菅野さんといえば、2003年に放送されたドラマ「大奥」で天璋院篤子(篤姫)を演じ女同士の確執のドラマを魅せたが、本作では立場が逆転、才能と美貌を備えた“女将軍”をどう演じるのか注目だ。

大河ドラマ「篤姫」で好評を博した将軍(徳川家定)役から一転、2人の将軍を翻弄するキーパーソンに抜擢された堺さんは「大変なお役をいただきました。ドラマ、映画と、半年近いご奉公になります。精一杯、努めさせていただくつもりです。大河ドラマに参加するときのような、意気込みと緊張感で臨みたいと思っています」とコメント。菅野さん、多部さんとは初共演となるが「ずっとご一緒したいと思っていたので、撮影が本当に待ち遠しいです。多部さんの、運命を見据えた、強いまなざし。菅野さんの、哀しげな、悩ましい吐息。お二人の演じる将軍を通して徳川家を見ると、江戸時代にまた違った光が当てられるのではないでしょうか? 華やかな世界ですが、あくまでも裏方。いい作品になるよう、お二人を支えながら粉骨砕身、力の限りを尽くす所存です」と語っている。

多部さんは、「大きなプロジェクトでとても重要な役柄を担うこと、とても緊張していますし、不安でいっぱいですが、大奥の世界観を乱すことなく、精一杯頑張りたいと思います。堺さん始め、たくさんのキャストのみなさんとお芝居をさせていただくことも、とても楽しみにしています」と胸膨らませる。一方、菅野さんは「まさか自分が、将軍の役をやらせていただく機会があるなんて、夢にも思いませんでした」と驚きの様子。「少しずつイメージを膨らませている段階ですが、将軍の葛藤、孤独、やり切れない運命を、そしてどうにもならない弱さ、愚かさを、エンターテインメントとして演じられたらいいなと思います。“イケメン大奥版”にしかない世界観を、美しい着物と共に楽しんでいただけるよう頑張ります」と意気込みを寄せている。

映画&ドラマの監督は、前作に引き続き金子文紀が務め、脚本はドラマ「美しい隣人」など、大人のドラマで定評のある神山由美子が手がける。金子監督は「前作では男女の立場が変わっても、変わらない『男とは、女とは?』『男らしさ、女らしさとは?』が僕自身の一つのテーマでした。今回の映画では、そこからさらに一歩踏み込んで『人にとっての幸せとは何か?』『心が満たされるとは?』『心の解放とは?』といったことを大きなテーマとして描いていこうと思っています」と語っている。

3人が魅せる愛のドラマに加え、前作と同じく“大奥”に集結する美男たちの顔ぶれも気になるところ。TVドラマ「大奥[有功・家光篇]」は今年10月クールで、TBS系列にて放送、映画『大奥[右衛門佐・綱吉篇]』は12月22日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top