N・ポートマンがアシュトンと“セックスフレンド”に? ロマコメ初挑戦で新境地開く

最新ニュース

『抱きたいカンケイ』 -(C) 2010 DW Studios L.L.C. All Rights Reserved.
  • 『抱きたいカンケイ』 -(C) 2010 DW Studios L.L.C. All Rights Reserved.
先日、婚約と妊娠を発表したナタリー・ポートマン。まもなく発表となるゴールデン・グローブ賞では主演女優賞(『ブラック・スワン』)にノミネートされており、アカデミー賞受賞の最有力候補ともささやかれている。プライベートでも女優としてのキャリアでも充実を感じさせる彼女だが、主演を務めると共にプロデュースも手がけた『抱きたいカンケイ』での、これまでにない役柄が大いに話題を呼んでいる。1月7日(現地時間)には、アメリカ、ロサンゼルスのフォーシーズンズ・ホテルにて、共演のアシュトン・カッチャー、監督のアイヴァン・ライトマンらと共に会見に出席した。

本作でナタリーが演じるのは、働きづめで恋する暇もない医者のエマ。アシュトン演じるアダムと、長年にわたるオトモダチだったのだが、ある日、2人はひょんなことから愛もないままに一線を越えてしまう。恋愛感情も、嫉妬もデートもないままに、日頃のストレスを発散するというカジュアルでありながらも、激しい“関係”が続くのだが、徐々に互いの気持ちにズレが…。“セックス”から始まるラブストーリーがユーモラスに描き出される。

7日に行われた会見には、およそ100人の報道陣が集まり、ナタリー、アシュトン、監督に次々と質問を投げかけた。俗に言うところの“セックスフレンド”を演じているとあって、アシュトンには「愛情抜きでセックスだけという関係はうまくいくと思うか?」という質問が。これには「そんな関係になったことがないので正直分からないけど(笑)」と返しつつ「うまくいっている結婚生活とか長続きしている夫婦を見ると、彼らはまず友達同士なんだよね。友情というのはお互いに対する愛がないと成立しないものだから、恋愛感情抜きのセックスはアリかもしれないけど、人間関係としてはうまくいかないんじゃないかな」と語った。

さらにアシュトンは、ロマンティック・コメディ初挑戦となるナタリーについて尋ねられ、「ナタリーはすごく経験豊富な女優だし、『終わりで始まりの4日間』みたいなコメディっぽい映画にも出ているから僕ができることなんか何もなかったよ。でも、身長ネタのジョークをいっぱい飛ばしてからかったね。『車の運転席のペダルにちゃんと足が届くの?』なんて聞いたりしてね(笑)」と冗談交じりに語ってくれた。

また、ナタリーは主演に加え、エグゼクティヴ・プロデューサーを務めた感想を聞かれ「とてもワクワクするような経験だったわ。脚本が改稿されていく作業に参加して、どうやって変えていくのか、どうして変えていくのかということを見たり、アイヴァンが映画の終わりの方で『ここは登場人物たちにもっと動きを持たせなきゃ』と言って、物語のペースに変更を加えるのを見たりするのは、本当にエキサイティングだったのよ」と語り、充実した表情を見せた。

己の内面に潜むダークな一面を見せ付ける『ブラック・スワン』での演技とはまた違った表情を見せるナタリー。プライベートでの充実があるからこそ、こうして自らの壁を壊し、新たな役柄に挑戦し続けることができるのかも? 今後、ナタリーからますます目が離せない!

『抱きたいカンケイ』はGW、新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top