今年だけで公開作は5本 注目せざるをえない女優、ナタリー・ポートマンの魅力

最新ニュース

『マイティ・ソー』 -TM & (C) 2010 Marvel c2010 MVLFFLLC. All Rights Reserved.
  • 『マイティ・ソー』 -TM & (C) 2010 Marvel c2010 MVLFFLLC. All Rights Reserved.
映画人にとっての最高の栄誉、アカデミー賞で悲願の主演女優賞を受賞した女優、ナタリー・ポートマン。今年だけで日本で公開される作品が5本と、いま最もノリにのっている女優といっても過言ではない。この夏注目の出演作品の見どころとあわせて、ナタリーの魅力をクローズアップ!

1994年、リュック・ベッソン監督作『レオン』のマチルダ役でデビューしたナタリーは、13歳とは思えぬ高い演技力から観るものに鮮烈な印象を残した。オスカーをもたらした『ブラック・スワン』では嫉妬と狂気に狂うバレリーナ・ニナを熱演し、アシュトン・カッチャーと共演したラブコメディ『抱きたいカンケイ』では、セックスフレンド役に挑戦。誰もが心に持つ闇の部分を体現しているニナとは対照的に、女性の悩める恋愛をリアルに表現した。

前出の2作品に比べれば派手さはないが、インパクトでは負けてない『メタルヘッド』もオススメ。テーマは「人生の再生」。ナタリーがメガネをかけた、さえないスーパーのレジ係役というだけで驚きだが、それ以上に共演のジョセフ・ゴードン=レヴィットの変身ぶりに驚愕。『(500)日のサマー』『インセプション』のさわやかなイメージとは打って変わり、ロン毛のメタル野郎に扮し、「ファック!」と叫ぶジョセフ。ジョセフファンならずともこの作品は是非ご覧頂きたい。

一方、5作品の中で等身大の印象が強いのが『水曜日のエミリア』。本作で彼女が演じたのは即婚の上司と恋に落ち、“略奪女”のレッテルを貼られてしまったエミリア。彼の息子・ウィリアムとの関係にも悩み、様々な試練が訪れる中、エミリアはある秘密を抱えていた——。このほど出産が報じられたばかりのナタリーがまさに等身大で演じた本作。現代の女性像が見事に反映され、全米では賞賛を集めた。ちなみにナタリーは本作で製作総指揮としても名を連ねている。

そして『水曜日のエミリア』と同日公開されるのが、新たなヒーロームービーとして存在感を放つアクション超大作『マイティ・ソー』。老舗アメコミ出版社「マーベル・コミック」の同名人気コミックを原作で、浅野忠信のハリウッド進出作品としても公開前から話題を集めている一作だ。神の世界で最強の戦士として君臨するも、横暴と傲慢さが仇となり、地球へ追放されたソー(クリス・ヘムズワース)が、凶悪な宿敵と戦うさまが描かれる。ナタリーはソーと出会う才色兼備の宇宙物理学者・ジェーンという役どころで参加。

ちなみにナタリーの代表作のひとつに『スター・ウォーズ』シリーズがあるが、ナタリー自身はSF要素が強い作品が好みとのこと。これに加えてケネス・ブラナー監督との仕事、マーベル・ユニバースの大ファンでもあったことから本作への出演が実現したようだ。

出演が決定したのは『ブラック・スワン』に携わっている最中! 過酷なスケジュールでの出演ながらもナタリーはこうふり返っている。「本当はゆっくり休むべきだったんでしょうけれど、ケン(ケネス・ブラナー監督)と仕事ができるなんて、逃すにはあまりに惜しいチャンスでした。これまでいくつかスケールの大きい作品に出演しましたが、演技に対するこれほど強烈な集中力を監督から感じたのは今回が初めてでした。本当に出演できてよかった」。

ラブコメからヒューマン・ドラマと様々なジャンルに果敢に挑んでいくナタリーだが、いずれも女優ナタリーにとって新境地と呼べるものばかり。まさに“ナタリー・イヤー”と呼ぶにふさわしいこの年、タイプの異なる5作品がそろった。きっとあなたの好みの作品が見つかるはず!

『メタルヘッド』は6月25日(土)よりシアターN渋谷ほか全国にて順次公開、『水曜日のエミリア』は7月2日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開、『マイティ・ソー』は同じく7月2日(土)より丸の内ルーブルほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top