シャイア・ラブーフ、ゴールデン・グローブ賞候補の恋人とL.A.をデート

シャイア・ラブーフが恋人のキャリー・マリガンとロサンゼルスの街をデートしているのが目撃されたが、驚いたことに2人の移動手段はバスと徒歩という庶民派なものだった。

最新ニュース ゴシップ
シャイア・ラブーフ&キャリー・ミリガン ハリウッド注目株2人がL.A.デート -(C) Splash/AFLO
  • シャイア・ラブーフ&キャリー・ミリガン ハリウッド注目株2人がL.A.デート -(C) Splash/AFLO
シャイア・ラブーフが恋人のキャリー・マリガンとロサンゼルスの街をデートしているのが目撃されたが、驚いたことに2人の移動手段はバスと徒歩という庶民派なものだった。

シャイアの家があるシャーマン・オークスの路線バス停留所でキスしていたと思ったら、手を繋いで近くのメキシカン・レストランに行ってブリトーをテイクアウトして歩きながらランチ。「build-your-own-volcano」という火山の模型キットを購入したり、シネコンで映画を観たり、とごく普通のカップルの地味な休日デートだが、キャリーを見つめるシャイアの何とも嬉しそうな表情は、これまであまり見せたことのない明るさだ。

2人は『ウォール街』の続編『Wall Street 2: Money Never Sleeps』(原題)で恋人同士の役を演じ、その後、交際に発展した。イギリス人のキャリーに、なじみの地元のお気に入りスポット紹介を兼ねたデートだったようだ。キャリーは『アン・エデュケーション』(原題)でゴールデン・グローブ賞映画ドラマ部門の主演女優賞にノミネートされた期待の新星。1月17日の授賞式にはシャイア同伴でレッド・カーペットに登場するかもしれない。



© Splash/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top