最新ニュース コラム記事一覧(95 ページ目)

ココに注目! 第78回アカデミー賞 vol.1 アカデミー賞ファッション予想 今年はナチュラル系ゴージャスが主流!? 画像
コラム

ココに注目! 第78回アカデミー賞 vol.1 アカデミー賞ファッション予想 今年はナチュラル系ゴージャスが主流!?

今年は、日本時間の3月6日に発表となる第78回アカデミー賞。去る1月31日、すでにノミネート発表が行われましたが、詳しくは来週お伝えするとして、今週は気になる授賞式ファッションを予測します。

『白バラの祈り−ゾフィー・ショル、最期の日々』レビュー 画像
コラム

『白バラの祈り−ゾフィー・ショル、最期の日々』レビュー

2005-2006年は日本におけるドイツ年ということもあり、ドイツ映画が盛り上がっています。2003年の『グッバイ、レーニン!』あたりから現代ドイツ映画が勢いを取り戻し始め、ドイツ国内で作られた作品やドイツ史を描いた作品にも注目が集まるようになりました。昨年はドイツ人監督が初めてナチスを扱った『ヒトラー〜最期の12日間〜』が公開され、2月にはスティーヴン・スピルバーグ監督の問題作『ミュンヘン』も控えています。中でもこの『白バラの祈り』は、若い女性が主人公だけに、より感情移入しやすいかもしれません。ゾフィーだけが特別だったのではなく、誰でもゾフィーになり得たかもしれないのです。歴史にとって個人とは何か、また個人にとって歴史とは何なのか。そんなことを考えました。

『白バラの祈り−ゾフィー・ショル、最期の日々』レビュー 画像
コラム

『白バラの祈り−ゾフィー・ショル、最期の日々』レビュー

打倒ヒトラーを市民に呼びかけた実在のグループ“白バラ”の女性メンバーであったゾフィー・ショル。捕まれば確実に死刑が待ち受けていることを知りながらも行動する彼女のどこからその勇気が湧いてくるのでしょうか? 同じ女性として、彼女の強さに圧倒されてしまうところもありましたが、ゾフィーは決して極端に他の女性よりも強靱であったわけではありません。淡々と、静かに、良心を信じて政府に立ち向かう彼女は、同時に音楽を聴き、恋をし、普通の女子学生であったことに気づかされます。政府に対する怒りや悲しみも、単なる正義感だけではなく、犬死している大勢の兵士の中に彼女の婚約者も送り込まれているからこそ感じるものなのでしょう。戦争をテーマにした映画ではなく、ひとりの女性の物語として観て欲しい作品です。

2006年を占う映画 vol.4 2006年の注目は、動物&子供がいっぱいの禁じ手映画? 『オリバー・ツイスト』 画像
コラム

2006年を占う映画 vol.4 2006年の注目は、動物&子供がいっぱいの禁じ手映画? 『オリバー・ツイスト』

日本では、空前のペットブームが続いていて、TVや雑誌、新聞などで、可愛い動物の登場を目にすることが多い今日この頃。日本だけのことかと思いきや、世界的にその傾向がある様子。映画界では、昨年から今年にかけて、動物系のものが続々。『皇帝ペンギン』『いぬのえいが』『トゥルーへの手紙』『マダガスカル』などなど。アニマル・ラヴァーな私として、頬もユルユルなのではありますが、登場する動物たちが可愛いからといって、映画の質もばっちりかといえば、そう世の中は甘くないもの。それはそれ、これはこれ。とはいえ、動物好きにしてみれば、ついつい評価が甘くなりがち。(上記の作品は、玉石混交の作品群の中でも、いい味を出しているものです。念のため)

2006年を占う映画 vol.3 2006年、邦画を面白くするのはベテラン? 『カミュなんて知らない』 画像
コラム

2006年を占う映画 vol.3 2006年、邦画を面白くするのはベテラン? 『カミュなんて知らない』

新作『輪廻』が世界40カ国で公開されるという『呪怨』の清水崇監督。自作のリメイクでハリウッドデビューを果たした『リング2』の中田秀夫監督。ホラー映画とその作り手たちが世界でメジャー級の注目を集める邦画界。益々、若手や中堅クリエイターたちに期待が集まる中で、近頃は「さすがはベテラン!」という凄みを見せつけてくれる監督たちの活躍にも注目が集まっています。

『博士の愛した数式』レビュー 画像
コラム

『博士の愛した数式』レビュー

女優の中には偏って異性に人気がある人もいますが、同性からの指示がバツグンに高い女優のひとりが深津絵里だと思います。本作では博士の家で働く家政婦・杏子を演じていますが、今回は初の母親役に挑戦。いつ見ても清々しく、凛とした姿は女性としてあこがれます。ストーリーは昨年の話題作『50回目のファースト・キス』や『私の頭の中の消しゴム』などと同じ“記憶”をテーマにしたもの。突然“忘れる”という恐怖は否めませんが、何を忘れたくないか、すなわち自分にとって何が大切なのかを前向きに考えさせられます。原作者の小川洋子さんもうならせた本作、もちろん原作を読んでいなくても同じくらい心動かすものを感じるはずです。

『博士の愛した数式』レビュー 画像
コラム

『博士の愛した数式』レビュー

原作を読んで、筆者・小川洋子が紡ぎ出す、淡々としながらも的確で温かな人物描写に惚れ込んだ私。そのせいか、小説よりもややドラマティックに演出された映画には、「あれ、イメージと違うな」と思う部分も。ただ、“佇まいだけで泣かせる俳優”寺尾聰はハマリ役! 『半落ち』を思い出したりして…。それから、“博士が愛した数式たち”を丁寧に説明してくれているのが有難かった。数学アレルギーの私でも良く理解できたので、数字ギライの方もご心配なく。浅丘ルリ子、深津絵里、吉岡秀隆という日本映画界を代表する芸達者たちが魅せる演技のアンサンブルも魅力です。

『博士の愛した数式』レビュー 画像
コラム

『博士の愛した数式』レビュー

記憶が80分しか持たない数学の博士と、お手伝いさんとその息子“ルート”。素朴で微笑ましいその心の交流が、数学の不思議ワールドに引っ掛けて語られた途端、なぜかロマンティックな深遠さが漂わせ始める。博士を傷つけても博士はすぐに忘れてしまうが、それでも二人は決して博士を傷つけまいと心を配る。底抜けのカップに暖かい飲み物をそっと注ぎ続けるようなその無益な行為は“これって愛かも”と感じさせる。もちろん飲み物はたまらないが、それ以前のようにカップが冷え切ってしまうこともない。

2006年を占う映画 vol.2 エコロジー系のおしゃれさんに『グレート・ビギン』 画像
コラム

2006年を占う映画 vol.2 エコロジー系のおしゃれさんに『グレート・ビギン』

『ディープ・ブルー』『WATARIDORI』『皇帝ペンギン』…。ドキュメンタリー映画豊作の近年にあって、ひときわ大きな注目を集め、メガヒットを放ち続けるネイチャー・ドキュメント。多くの人々がストレスを抱える現代では、雄大な自然を擬似体験できる作品が、優しい癒しをもたらしてくれるということなのでしょう。当然ながら、2006年もネイチャー系作品を求める傾向は続きそう。なかでも、話題の中心となりそうなのが、年明け早々の1月14日(土)に公開となる『グレート・ビギン』です。クリエイターは、1996年に『ミクロコスモス』で、ユニークな昆虫世界を紹介してくれた制作チーム。製作に16年を費やしたという壮大なプロジェクトが実現させた脅威の映像世界は、あなたの1時間21分をこの上なく豊かなものにしてくれるはずです。

2006年を占う映画 vol.1 『ホテル・ルワンダ』 画像
コラム

2006年を占う映画 vol.1 『ホテル・ルワンダ』

1年間の映画館総入場者数が、前年比で7〜8%減になるとの調査がでていた2005年のアメリカ。1985年の12%減に続く、20年で最低の落ち込みになってしまったそうなのです。お正月早々、陰気な話で恐縮ですが、これぞ来年の映画界を占うための大きな手がかり。低迷するハリウッドでは、2006年、事実に基づいた映画は多く作られ、公開されていくはずだからです。

『秘密のかけら』レビュー 画像
コラム

『秘密のかけら』レビュー

芥川龍之介に「藪の中」という小説があります。ある殺人事件に居合わせた男女3人の証言がすべてくい違い、真相は迷宮入りしてしまうというものです。本作でも“秘密のかけら”は随所に提示されるものの、結局、登場人物たちの思惑はすべて想像の域を出ません。まさに真実は「藪の中」…。そもそも他人の腹の中なんてわからないのですし、自分自身のことだって私たちは本当にわかっていると言えるのでしょうか。さらに真実を暴くことが必ずしも幸せとは限りません。真実を知った者は、真実のその先にあるものと向き合っていかなければならないのです。ついでに若き日から現在までの変化を見事に演じきったケヴィン・ベーコンの年齢不詳ぶりの秘密も知りたいところです。

『秘密のかけら』レビュー 画像
コラム

『秘密のかけら』レビュー

なんと言ってもケヴィン・ベーコンとコリン・ファースというセクシー俳優の競演がみどころでしょう! 特に『ブリジット・ジョーンズの日記』のダサ男ダーシーの印象が薄れてしまうほど艶っぽさを醸し出しているコリン・ファースがいい! そして、謎に包まれたスキャンダルを追う美人ジャーナリスト役のアリソン・ローマンがこれまたいい! 今まで少女役の多かった彼女が大胆ヌード(美しい!)に挑んでいるというのもかなり衝撃的です。50年代ハリウッドのショウビズ界に隠されたある事件(秘密)が徐々に明らかになっていく様にハラハラ、3人の危うい関係にドキドキ。秘密を抱えて生きることの重さがズシリと伝わってきて、自身の些細な秘密もチクリと痛んだり…(笑)。

絶対観たい? お正月映画 vol.4 ふきかえ“チキン”のすすめ 『チキン・リトル』 画像
コラム

絶対観たい? お正月映画 vol.4 ふきかえ“チキン”のすすめ 『チキン・リトル』

海外の役者に日本人の声。その不自然さが嫌いと言うアンチふきかえ派はきっと多いことでしょう。声だって、演技の良し悪しを決める大事な要素。ふきかえられた作品は、原書と日本語翻訳本と同様に、“別物”と割り切るのが妥当です。とはいえ、不自然さを感じずに楽しめるのが、海外アニメのふきかえ版。そこで、ふきかえシネマとしておすすめしたいのが、今、話題のディズニー・アニメーション『チキン・リトル』。ディズニー・アニメなら、大好きというシネマカフェ読者は多いでしょうが、“絶対観たい? お正月映画”と題して、普段なら観ないかもしれない作品をあえてご紹介している今月は、ぜひふきかえ版に注目してみたいのです。

絶対観たい? お正月映画 vol.3 “今更、ジム・キャリー?”なんていわないで。『ディック&ジェーン 復讐は最高!』 画像
コラム

絶対観たい? お正月映画 vol.3 “今更、ジム・キャリー?”なんていわないで。『ディック&ジェーン 復讐は最高!』

人生バラ色。そんな最中にリストラに遭ったひとりの男ディック。そんな彼が災難を機に転落していく姿と、一念発起して妻のジェーンと銀行強盗を企てる—。

『SAYURI』レビュー 画像
コラム

『SAYURI』レビュー

女の園には醜い争いがつきもの。華麗な芸者の世界とて例外ではありません。でもそこはミュージカル映画『シカゴ』でならしたロブ・マーシャル監督だけに、単なるどろどろした内紛劇では終わりません。たとえばリズミカルな音にのってテンポよく繰り広げられる着付けのシーン。一度でも体験したことのある人ならわかるはずですが、帯を締めたり結んだり、あの地味で根気のいる動作のひとつひとつがこんなにもエンタテインメントになるなんて! 普通にあるものやことが突然魅力的に見える…それこそが映画の魔力です。そしてチャン・ツィイーをも圧倒するコン・リーの鬼気迫る演技と色気はまさに圧巻でした。重箱の隅をつつくのではなく、画面に映っている美しいビジュアルと音楽を存分に楽しむのが正しい見方です。

『SAYURI』レビュー 画像
コラム

『SAYURI』レビュー

公開前から期待と疑問と、賛否両論の『SAYURI』。日本人なのにセリフがすべて英語?ということばかりに気をとられがちですが、実際映画を観ると、作品の世界にすっかり引き込まれて、意外にも違和感はありませんでした。それだけマーシャル監督が作りあげた、彼の“イメージの中の日本"は美しく、まるでおとぎ話のように魅力的。観ていて恥ずかしくなるような日本文化の捉え方をしている外国映画が多い中、『SAYURI』は日本人として誇りに思える映画だと思いました。さらに、アジア女優の力を世界に知らせてくれた映画としても意義のある作品だと思います。日本人が日本人役を演じていなくても納得。それだけチャン・ツィイーやミシェル・ヨーの演技は素晴らしく、同じアジア人として嬉しくなりました。

『SAYURI』レビュー 画像
コラム

『SAYURI』レビュー

美しかった! 誰がというより、映像が。かっこよかった! 主演のチャン・ツィイーがというより、ミシェル・ヨーが(豆葉姐さんはとにかく、粋)。 これって、世界が日本をどう見ているのか、日本の文化をどう羨ましがっているのかが集約された作品なのかな。そういう意味では、目の前に展開していくのは、実在した日本ではなく、架空の国とも言えるのかも。だから、ひとつのファンタジーとして観るのが、日本人としては最も心落ち着く見方なのではないでしょうか。そうは言っても、気になってしまったのは、奇妙な着物。大人だというのに、肩や振袖の部分におはしょりのようなものが。あれだけは見栄えも悪く、戴けません。「着物ではない、架空の衣類だ」と言われてしまえばそれまでだけど。

絶対観たい? お正月映画 vol.2 男子ばっかり。でも、ラブリーな『僕の恋、彼の秘密』 画像
コラム

絶対観たい? お正月映画 vol.2 男子ばっかり。でも、ラブリーな『僕の恋、彼の秘密』

今、人々は、台湾映画を観るのでしょうか。韓流に対し、華流という言葉がありますが。華流とは、台湾=中華民国の、一文字が使われていることからもお分かりだとは思いますが、もともと台湾エンタテインメントを指す言葉。今では、中国語圏のエンタテインメントを指すようですが。

絶対観たい? お正月映画 vol.1 でっかい映画『キング・コング』ついに公開 画像
コラム

絶対観たい? お正月映画 vol.1 でっかい映画『キング・コング』ついに公開

お洒落な読者が多いと評判のcinemacafe.net。いつもそれを肝に銘じて、作品選びをしています。でもたまに、「cinemacafe.netの読者は気に入るだろうか…」と疑問に思いつつも、「面白いからどうしても紹介したい!」という作品があったりします。とはいえ、限りあるスペースの中で映画を紹介するわけですから、後ろ髪を引かれながらも、cinemacafe.netらしい作品を優先させることもしばしば。

女優が輝く秋映画 vol.4 “ニュースな女”イ・ヨンエ 画像
コラム

女優が輝く秋映画 vol.4 “ニュースな女”イ・ヨンエ

映画界には、出演作が何かと話題になる女優がいます。つまりは、“ニュースな女”。本業から離れたところで、常にゴシップを賑わわせる女優はさておいて、ここで取り上げたいのは、恐れずに既存のイメージを打ち破り、アグレッシブな挑戦を行う“ニュースな女優”。まっさきに、ニコール・キッドマンやシャーリーズ・セロンが思い浮かびますが、最近気になる存在がイ・ヨンエです。

女優が輝く秋映画 vol.3 ジェニファーの鈍く輝く暗さが強み 『ダーク・ウォーター』 画像
コラム

女優が輝く秋映画 vol.3 ジェニファーの鈍く輝く暗さが強み 『ダーク・ウォーター』

先週末、11月12日に公開となった『ダーク・ウォーター』。ご存知、鈴木光司原作のジャパニーズ・ホラー・ムービー、『仄暗い水の底から』のリメイク。とはいえ、「リメイクか…」とがっかりするのは時期尚早。ちょっと前までは、リメイク=ネタがないから手抜き、という図式が見え隠れしていたけれど、今はリメイク=独創性の見せ所、となっているわけで。事実、リメイク作品に関わるスタッフ&キャストの顔ぶれが凄い。

『イン・ハー・シューズ』レビュー 画像
コラム

『イン・ハー・シューズ』レビュー

買ったはいいけれど一度もおろしていない…そんな靴はありませんか? 私はたくさんあります。靴を履かないでどうするのかというと、もちろんときどき箱から取り出しては眺めて楽しむのです。トニ・コレット演じるお姉さんも映画の中でそれをやっていて、「ジミー・チューのヒールが!!」などというくだりは「セックス・アンド・ザ・シティ」のようでした。

  1. 先頭
  2. 40
  3. 50
  4. 60
  5. 70
  6. 80
  7. 90
  8. 91
  9. 92
  10. 93
  11. 94
  12. 95
  13. 96
  14. 97
  15. 98
  16. 99
  17. 100
Page 95 of 100
page top