最新ニュース インタビュー記事一覧(70 ページ目)

石黒英雄インタビュー 「骨折以下ならOK」の覚悟で臨んだ『彼岸島』 画像
インタビュー

石黒英雄インタビュー 「骨折以下ならOK」の覚悟で臨んだ『彼岸島』

ここ数年、映画やドラマで確実に存在感を増している石黒英雄。昨年はTV放映ののちに映画化された『激情版 エリートヤンキー三郎』への主演に、彼の名を全国区に押し上げた「ごくせん」の劇場版『ごくせん THE MOVIE』への出演、さらに若いキャスト陣と組んでの『携帯彼氏』とそれぞれ異なるカラーの出演作品が公開された。そして2010年、いきなり1月の第1週目から公開となる主演作が、人気漫画を原作にした日本発、サバイバル・アクションエンターテイメント『彼岸島』である。激しいアクションと人間の内面を残酷なまでにえぐり出すドラマの果てに、石黒さんが掴んだものは——?

『ソフィーの復讐』チャン・ツィイー×ソ・ジソブ “優柔不断”な男はアリ?ナシ? 画像
インタビュー

『ソフィーの復讐』チャン・ツィイー×ソ・ジソブ “優柔不断”な男はアリ?ナシ?

“中国で最も影響力のある女性”であるのみならず国際的にもその高い演技力でスポットを浴び続けるチャン・ツィイーと、ドラマに映画にクールな魅力で日本の女性を虜にする韓国きっての人気俳優、ソ・ジソブ。そんな2人が国境を越え、共にそのイメージを一新する“ラブコメディ”というジャンルで初競演を果たした。『ソフィーの復讐』で、ツィイーはちょっとドジな乙女・ソフィーを好演し、さらに本作のプロデュースにも挑戦。一方、ジソブは優柔不断な医者・ジェフ役で初の中国語での演技に挑戦! 公開を前に揃って来日した2人に話を聞いた。

恋愛に悩める人必見! 告白、浮気、別れ…元CanCamモデル堀内葉子が恋にアドバイス 画像
インタビュー

恋愛に悩める人必見! 告白、浮気、別れ…元CanCamモデル堀内葉子が恋にアドバイス

ロマンティストで、キュートな同僚のサマーに一目惚れしたトム。一方、「恋人なんて欲しくない」と言い、愛を信じないサマー。そんな正反対な2人を描き、先日発表されたゴールデン・グローブ賞でも最優秀映画作品賞、最優秀主演男優賞(共にミュージカル・コメディ部門)の2部門にノミネートを果たした注目の恋愛ムービー『(500)日のサマー』がいよいよ1月9日(土)より日本で公開される。

堺雅人が語る太宰、そして『人間失格』——。「近代文学と“再会”できました」 画像
インタビュー

堺雅人が語る太宰、そして『人間失格』——。「近代文学と“再会”できました」

堺雅人は止まらない——。2009年、最も多忙だった俳優の一人であることに間違いはないが、“ブレイク”などという安っぽい言葉は当てはまらない。2008年は、言わずと知れたNHK大河ドラマ「篤姫」に加え、公開された映画が3本(『アフタースクール』、『クライマーズ・ハイ』、『ジャージの二人』)。2009年はさらに増えて、実写映画4本に連続ドラマ2本(「トライアングル」、「官僚たちの夏」)。加えて秋には2年ぶりとなる舞台出演で、劇団☆新感線の「蛮勇鬼」にも参加。“ブレイク”などではなく文字通り、作品にとって“欠かすことができない男”として、唯一無二の存在感を発揮している。

『海角七号』に本人役で出演! 中孝介から動画メッセージが到着  画像
インタビュー

『海角七号』に本人役で出演! 中孝介から動画メッセージが到着 

1940年代、日本統治下の台湾、そして60年後の現代を舞台に、国境を越えた切なくも美しい恋物語を描いた『海角七号 君想う、国境の南』が先日、日本で公開を迎えた。

面白さの秘密は? 『カールじいさん』プロデューサーが明かすピクサー映画の作り方 画像
インタビュー

面白さの秘密は? 『カールじいさん』プロデューサーが明かすピクサー映画の作り方

日本で、67か国目となる初登場1位を記録し、鑑賞後の満足度という点でも驚異的な高支持を集めている『カールじいさんの空飛ぶ家』。1995年の『トイ・ストーリー』から数えて、ピクサーとして記念すべき10作目となった本作でも、キャラクター、ストーリー、そして映像世界など“ピクサーらしさ”を余すところなく発揮している。ずばり、ピクサー作品の面白さの秘密はどこにあるのか? 今回監督を務めたピート・ドクターは「新しいもの、人々が観たことない作品を作リ、驚きを与えるのがピクサー」と語る。彼を含む数々のクリエイターの発想を汲み上げ、作品ごとに異なる個性を発揮しつつ、“ピクサー作品”として質の高い作品を送り出し続ける秘訣は? スタッフの立場で数々のピクサー作品に携わり、本作でもプロデューサーを務めたジョナス・リヴェラに「ピクサー映画の作り方」を聞いてみた。

エミリー・ブラント インタビュー「イメージを変えるチャンスにワクワクしてるわ」 画像
インタビュー

エミリー・ブラント インタビュー「イメージを変えるチャンスにワクワクしてるわ」

18歳で即位し、英国を“太陽の沈まぬ国”に導いたヴィクトリア女王。その若き日の姿を描いた『ヴィクトリア女王 世紀の愛』がまもなく公開を迎える。愛に翻弄されつつ、女王としての任務を遂行するヴィクトリア女王を演じ、先日発表されたゴールデン・グローブ賞で主演女優賞にノミネートされたのはエミリー・ブラント。日本では『プラダを着た悪魔』で、メリル・ストリープ扮する鬼編集長のアシスタント役での好演で人気を博し、さらに今年公開された『サンシャイン・クリーニング』の主人公姉妹の妹役で印象的な演技を見せた彼女。英国いや、世界の歴史に名を刻む人物の知られざる側面をどのように演じたのか——?

『アバター』ヒロインが明かす“開放感” 「5歳の子供のように心を開いて演じたわ」 画像
インタビュー

『アバター』ヒロインが明かす“開放感” 「5歳の子供のように心を開いて演じたわ」

ジェームズ・キャメロン監督の12年ぶりとなる渾身の一作『アバター』。本作で、美しき惑星パンドラの先住民族・ナヴィの娘、ネイティリを演じたのは、『バンテージ・ポイント』、『スター・トレック』での好演が光るゾーイ・サルダナ。本作でも、鉱物資源を求めパンドラへと兵を進める人類から故郷を守るべく戦い、そしてサム・ワーシントン扮するジェイクと恋に落ちるヒロインを熱演している。環境問題、資源を求めての侵略、異なる文化や価値観を持つ者との共存など、2時間半超の物語の中に監督が詰めこんだ様々なテーマを彼女はどのように感じ、どのように演じたのか? 直接話を聞いた。

『よなよなペンギン』森迫永依インタビュー 12歳の名女優が語る“挑戦” 画像
インタビュー

『よなよなペンギン』森迫永依インタビュー 12歳の名女優が語る“挑戦”

“子役ブーム”などと言われる昨今だが、もはや“子役”の領域を脱したと言ってもいいのではないだろうか? かねてより大人顔負けの名演を見せ、実写版「ちびまる子ちゃん」での主演で一気にその名を全国区に。その後も話題の作品への出演を続ける森迫永依。女優としての活動に加え、声優としても数々の作品に出演してきた彼女だが、このたび公開される日仏合作のCGアニメーション『よなよなペンギン』では主人公・ココの声に加えて、主題歌「アミーゴペンギン」の歌とダンスも担当した。映画の公開を記念して森迫さんに話を聞いた。

17,358人の中からティンカー・ベル役を射止めた深町彩里からメッセージが到着! 画像
インタビュー

17,358人の中からティンカー・ベル役を射止めた深町彩里からメッセージが到着!

“世界で最も有名な妖精”ティンカー・ベルの、ピーターパンらと出会う以前の物語を描いた『ティンカー・ベル』シリーズ第2弾『ティンカー・ベルと月の石』。まもなく公開を迎える本作の日本語吹き替え版でティンクの声を演じる深町彩里からメッセージが到着した。

実演映像到着! 『ハイキック・ガール!』武田梨奈 美しき足技を持つ少女の憧れは… 画像
インタビュー

実演映像到着! 『ハイキック・ガール!』武田梨奈 美しき足技を持つ少女の憧れは…

空手有段者を始めとする格闘家たちをキャストに配したガチンコの空手アクションムービー『ハイキック・ガール!』のDVDが12月23日(水)よりリリースされる。主人公は現役女子高校生! 200人ものオーディションの中から選ばれたのは、空手黒帯全国大会で優勝経験を持つ武田梨奈。演技初挑戦となった彼女の動画メッセージおよび空手の実演映像が到着した。

森迫永依からクリスマスのメッセージが到着! 『よなよなペンギン』の魅力をアピール 画像
インタビュー

森迫永依からクリスマスのメッセージが到着! 『よなよなペンギン』の魅力をアピール

森迫永依がシネマカフェに向けて「メリークリスマス!」——。まもなく公開される、日仏の才能が集結して作り上げたCGアニメーション『よなよなペンギン』の魅力を語ってくれた特別映像が到着した。

『ランディーズ』川村陽介×浅利陽介×久保田悠来 男たちの秘話! 画像
インタビュー

『ランディーズ』川村陽介×浅利陽介×久保田悠来 男たちの秘話!

おそらく30代以上のプロ野球ファンならおなじみのランディ・バース。かつて阪神タイガースで活躍し“史上最強の助っ人”との呼び声も高い彼にあやかり、「あなたの街のランディ・バース」をキャッチフレーズに街を駆け巡る便利屋助っ人稼業「ランディーズ」の桜井蘭とケンジ。彼らと仲間たちの“助っ人”人生を疾走感あふれる映像と激しいアクションで描き出した『ランディーズ』。東京での公開に続いて、いよいよ本作が名古屋、大阪と全国へと展開する。物語の中心となる蘭役の川村陽介、ケンジ役の浅利陽介、そして蘭たちが誰より頼りにしている仲間のひとり、春日役の久保田悠来に話を聞いた。

黒木メイサ インタビュー「人との関わりの中で作っていく楽しさがやっと分かってきた」 画像
インタビュー

黒木メイサ インタビュー「人との関わりの中で作っていく楽しさがやっと分かってきた」

ものすごい無礼を承知で明かすと、インタビュー前に資料で彼女について調べた際に、彼女がまだ21歳と知って少し驚いた。では何歳くらいだと思っていたのかと言われてもうまく答えが出てこないのだが…。押井守監督は『アサルトガールズ』を監督するに当たって、黒木メイサを主演に起用した理由として「生活感を感じさせなくてファンタジー向きなところ」と答えているが、こちらが感じた年齢についての驚きも、同じ種類のものかもしれない。年齢や生活感といったものを超越した存在感を彼女は持っている。果たして黒木メイサ自身は、自分について、作品について、今後について何を感じ、考えているのか?

阿部サダヲインタビュー その“笑い”を支えるものは…「“勘違い”することが大事」 画像
インタビュー

阿部サダヲインタビュー その“笑い”を支えるものは…「“勘違い”することが大事」

『舞妓Haaaan!!!』以来2年ぶり、“家族”の物語『なくもんか』で監督・水田伸生、脚本・宮藤官九郎と再びトリオを組み、2作目の映画主演を飾った阿部サダヲ。前作では稲妻のようなハイテンションな笑いを届けてくれた彼が、今回スクリーンで存分に見せるのは、“笑い”とその裏にある“泣き”。好評中の劇場公開を経て、あらためて阿部さんにとっての“笑い”、そして今年一年をふり返ってもらった。

『ONE PIECE』参戦の竹中直人&皆藤愛子 こんなに違う!学生時代の“経験” 画像
インタビュー

『ONE PIECE』参戦の竹中直人&皆藤愛子 こんなに違う!学生時代の“経験”

先頃発売された最新56巻は初版で285万部というコミックス史上最高初版発行部数を記録。原作コミックおよびTVアニメ共に幅広い世代、そして海を越えて海外でも愛されている「ONE PIECE」。記念すべき劇場版第10作目は、原作者の尾田栄一郎自らが指揮を執って製作された。その尾田さん自身のリクエストによって、今回、主人公のルフィたちの前に立ちはだかる伝説的な海賊“金獅子のシキ”の声優を担当したのは、この人自身がアニメから飛び出してきたかのような雰囲気を持った名優・竹中直人。さらに、人気キャスターの皆藤愛子が、ルフィたちが立ち寄る酒場のウェイトレス・エバーの声を演じる。竹中さん、皆藤さんが顔を合わせ、作品の魅力やアフレコについて語ってくれた。

マイケル・ムーア『キャピタリズム』インタビュー 「愛しているこそ、諦められない」 画像
インタビュー

マイケル・ムーア『キャピタリズム』インタビュー 「愛しているこそ、諦められない」

泣く子も黙る“アポ無し突撃取材”で知られる、ドキュメンタリー監督マイケル・ムーア。その彼が、ヴェネチア、トロント、L.A.、デトロイト、N.Y.など、アメリカを始めとする世界各都市で絶賛された最新作『キャピタリズム〜マネーは踊る〜』の日本公開を控え、11月末に待望の初来日を果たした。最新作のテーマは、ずばり「お金」。アメリカにおいて、持てる者と持たざる者の格差を広げ続ける元凶となった社会システム=資本主義をめった斬り。この不況を機に、持たざる者から基本的人権や安定した生活を送る権利すらも奪うこととなったこのシステムを“悪”と見て、今回も徹底的に弱者の代弁者としての立場をとっている。

『インスタント沼』三木聡監督インタビュー 原始的体験は「小さい頃の西部劇ごっこ」 画像
インタビュー

『インスタント沼』三木聡監督インタビュー 原始的体験は「小さい頃の西部劇ごっこ」

『亀は意外と速く泳ぐ』や『転々』など、ゆるりとしたギャグと徹底的に作り上げられた独特の世界観で数々のファンを魅了する、日本映画界きっての奇才・三木聡。またもや摩訶不思議なタイトル『インスタント沼』と名づけた、監督の集大成とも言うべき最新作がDVDリリースされた。作品の随所から見られる監督の「映画」へのこだわり、そしてその原風景について、話を聞いた。

濱田岳インタビュー「ライバルはチョンマゲ」 自称“小心者”が明かす非正統派の魅力 画像
インタビュー

濱田岳インタビュー「ライバルはチョンマゲ」 自称“小心者”が明かす非正統派の魅力

この若さで“個性派俳優”と称される役者も珍しい。濱田岳、21歳。先頃DVDがリリースされた『鴨川ホルモー』では、主人公の親友でエキセントリックな帰国子女の京大生・高村を好演。劇中、現代劇にもかかわらずチョンマゲ姿を披露し、なんと織田信長(のモノマネ)まで演じている。「『人間五十年』の舞いまで満喫しちゃいました」と屈託なく笑う一方で、「人前で演技するのがいまだに恥ずかしい」とも。個性派俳優であればあるほど、その素顔が気になるところ。この『鴨川ホルモー』を始め、映画、ドラマへの出演が続く濱田さんに話を聞いた。

ミラ・ジョヴォヴィッチ復帰インタビュー “母”だからこそ演じられた衝撃作! 画像
インタビュー

ミラ・ジョヴォヴィッチ復帰インタビュー “母”だからこそ演じられた衝撃作!

ミラ・ジョヴォヴィッチが帰ってきた! 『バイオハザード III』の日本での公開と時を同じくして、同作の監督、ポール・W・S・アンダーソンとの間に授かった第一子を出産。その後、いくつかの作品に参加しているが、まもなく公開される『THE 4TH KIND フォース・カインド』が復帰後初めて日本で公開される作品となる。彼女が演じるのは一児の母であり、夫を何者かに殺された未亡人であり、不眠症が蔓延する街の心理学者。催眠療法によって人々の不眠の理由を解明しようとした結果、世にも恐ろしい映像を目撃することになり、街を覆う恐るべき秘密に直面することに——。この実話を基に、実際に残された記録映像をも使用して製作されたこの衝撃作について、彼女が口を開いた。

『ニュームーン』前作超えスタート!ネットで大注目のタイの美少女歌姫がメッセージ 画像
インタビュー

『ニュームーン』前作超えスタート!ネットで大注目のタイの美少女歌姫がメッセージ

全米を始め、世界中で記録的なヒットとなっている『ニュームーン/トワイライト・サーガ』が11月28日(土)についに日本でも公開を迎え、前作『トワイライト 〜初恋〜』を上回る好調なスタートを切った。映画の公開に際し、本シリーズの大ファンで、“NEXT「Perfume」”との呼び声の高い「Sweet Vacation」のボーカル、Mayが本作の魅力を語ってくれた。

『ニュームーン』監督が、あるシーンに潜ませた黒澤明へのオマージュ! 画像
インタビュー

『ニュームーン』監督が、あるシーンに潜ませた黒澤明へのオマージュ!

言わずと知れたロバート・パティンソンにクリステン・スチュワート、人気急上昇中のテイラー・ロートナー、さらにはダコタ・ファニングと若き才能が結集し、全世界で社会現象とも言える熱狂を巻き起こしている人気シリーズの最新作『ニュームーン/トワイライト・サーガ』。タクトを振り、あふれんばかりの才能を一つのチームとしてまとめ上げたのは『ライラの冒険 黄金の羅針盤』の監督を務めたクリス・ワイツ。作品、そして俳優陣について監督自らが口を開いた。

  1. 先頭
  2. 20
  3. 30
  4. 40
  5. 50
  6. 60
  7. 65
  8. 66
  9. 67
  10. 68
  11. 69
  12. 70
  13. 71
  14. 72
  15. 73
  16. 74
  17. 75
  18. 80
  19. 90
  20. 最後
Page 70 of 97
page top