スカーレット・ヨハンソン、男を落とすコスプレ7変化は必見! 「予測不可能な女よ」

最新ニュース

『ザ・スピリット』 -(C) 2008 SPIRIT FILMS, LLC. All Rights Reserved. THE SPIRIT trademark is owned by Will Eisner Studios, Inc. and registered in the U.S. Patent and Trademark Office.
  • 『ザ・スピリット』 -(C) 2008 SPIRIT FILMS, LLC. All Rights Reserved. THE SPIRIT trademark is owned by Will Eisner Studios, Inc. and registered in the U.S. Patent and Trademark Office.
  • 『ザ・スピリット』 -(C) 2008 SPIRIT FILMS, LLC. All Rights Reserved. THE SPIRIT trademark is owned by Will Eisner Studios, Inc. and registered in the U.S. Patent and Trademark Office.
  • 『ザ・スピリット』 -(C) 2008 SPIRIT FILMS, LLC. All Rights Reserved. THE SPIRIT trademark is owned by Will Eisner Studios, Inc. and registered in the U.S. Patent and Trademark Office.
  • 『ザ・スピリット』 -(C) 2008 SPIRIT FILMS, LLC. All Rights Reserved. THE SPIRIT trademark is owned by Will Eisner Studios, Inc. and registered in the U.S. Patent and Trademark Office.
  • 『ザ・スピリット』 -(C) 2008 SPIRIT FILMS, LLC. All Rights Reserved. THE SPIRIT trademark is owned by Will Eisner Studios, Inc. and registered in the U.S. Patent and Trademark Office.
  • 『ザ・スピリット』 -(C) 2008 SPIRIT FILMS, LLC. All Rights Reserved. THE SPIRIT trademark is owned by Will Eisner Studios, Inc. and registered in the U.S. Patent and Trademark Office.
  • 『ザ・スピリット』 -(C) 2008 SPIRIT FILMS, LLC. All Rights Reserved. THE SPIRIT trademark is owned by Will Eisner Studios, Inc. and registered in the U.S. Patent and Trademark Office.
  • 『ザ・スピリット』 -(C) 2008 SPIRIT FILMS, LLC. All Rights Reserved. THE SPIRIT trademark is owned by Will Eisner Studios, Inc. and registered in the U.S. Patent and Trademark Office.
アメリカン・コミックの先駆者ウィル・アイズナーの傑作コミックを、グラフィック・ノベルの鬼才フランク・ミラーが半世紀以上の時を経て、完全実写化した『ザ・スピリット』。本作で観客の目を引くのは、何と言っても主人公・スピリットを誘惑する数々の美女だが、その中でもひと際異彩を放つのが、スピリットの宿敵・オクトパスの冷徹かつ優秀な右腕、シルケン・フロス。演じるは、今年だけでもほかに『それでも恋するバルセロナ』『そんな彼なら捨てちゃえば?』と待機作が続くスカーレット・ヨハンソン。女性も羨む、その完璧なまでの色気と知性を兼ね備えた彼女に、作品、そして自らのキャラクターについて話を聞いた。

原作では元々、もっと年上だったキャラクター設定はスカーレットのために若く書き換えられたが、それは「彼女のために何か書きたい」という監督たっての熱望があってのこと。監督をスカーレットは「とにかく明確なビジョンを持った人だと思ったわ」と話す。
「仕事の進め方もいままで経験したことのないものだったわ。絵コンテを自分で描くし、作品のテイストにも彼なりの考え方があって、彼のキャラクターに対する語り口や意欲を見るだけで、ストーリーを知らなくても面白そうだと思えたほどよ。ニューヨーカーっぽいところも私と似ていて、打ち合わせでも共感できるところがあったし、エヴァ(・メンデス)も加わって何時間もかけて最高の打ち合わせができたわ。終わる頃にはすっかりこのプロジェクトに夢中になっていたの」。

それぞれのキャラクターの性格や背景、気分の変化を表現する重要なアイテムとなるのが、奇抜かつ鮮やかな数々の衣裳。中でもシルケンの看護婦や女性警官を始めとするコスプレ七変化は、男性ならずとも魅惑されること間違いなし。スカーレットの目に映る、シルケンという女性とは?
「誰よりもいろんなことを知っているような女性よ。そこにいることを楽しんでいるの。20代で、堕落しているところもあって、好きな物を好きなように買って、麻薬取引のお手伝いをして、サミュエル・L・ジャクソン演じるオクトパスというクレイジーな男のそばにいるの。彼女はまったく予測不能な女性よ」。

スカーレットは続けて、撮影の様子をこう明かす。
「フランクはとんでもないセリフを用意していて、それをコミカルな間を考えながらほかの女優たちと一緒に演じていくの。すごく楽しくて、特にサミュエルとの共演シーンにはすごく興奮したわ。脚本の段階では必要以上に面白いとは言えないけれど、それをフランク・ミラーならではの技で面白くしていくのは、私たち全員にとって驚きだったわ」。

アイズナーが作り上げた主人公・スピリットは街を守るヒーローでありながら、とことん節操のない男。“危険な美女”の存在は、彼のそんな人間臭さ、愛すべきキャラクターを作り上げる上で不可欠であった。いまの時代にも通ずる、女たちの絶大な力こそが本作の魅力だとスカーレットも認める。
「女性が家庭に押し込められていた時代に、アイズナーはファムファタール(運命の女)を描いていたのよ。すごい美人で、豪華な衣裳をまとって、ゴージャスなヘアスタイルで、グラマラスな貴婦人のようにね。それにスピリットを圧倒するすごい影響力を持っているの。彼女たちの魅力にはスピリットも抗えないのよ。この原作コミックが面白いのはそのせいだと思うの。セクシーさと魅力があるの。フランクはそうした女性たちを見事に映像化したと思うわ」。

果たして、スピリットを取り巻く美女たちの真の目的とは…。まずはスカーレットの華麗なる七変化にご注目!
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top