ペネロペ・クルス×アルモドバル監督『抱擁のかけら』日本版ポスター解禁!

最新ニュース

『抱擁のかけら』日本版ポスタービジュアル
  • 『抱擁のかけら』日本版ポスタービジュアル
ペネロペ・クルスがスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督と4度目のタッグを組んだ『抱擁のかけら』(原題:Broken Embraces)の日本版ポスタービジュアルが到着した。本国スペインで使用されたポスターは、絵画風のタッチで髪を下ろしたペネロペの顔が大きく描かれていたが、今回解禁となった日本版ポスターでは前髪を揃えたスタイルで、キュートに微笑んでいる。その横には「愛から逃げて、愛と出逢う」という言葉が。

本作は今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、大きな反響を呼んだ作品。愛と光を失ったある男の過去と現在、崩壊と再生が描かれており、ペネロペは夢を追いかけ、この男と激しい恋に落ちる女優・レナを熱演している。

監督は『トーク・トゥ・ハー』、『バッド・エデュケーション』のペドロ・アルモドバルで、ペネロペとは『ライブ・フレッシュ』、『オール・アバウト・マイ・マザー』、『ボルベール<帰郷>』に続く4度目のコラボレーション。世界中で絶賛された『オール・アバウト・マイ・マザー』でブレイクし、『ボルベール<帰郷>』ではオスカーにノミネート(その後、ウディ・アレン監督作『それでも恋するバルセロナ』でオスカー受賞)し、互いに全幅の信頼を寄せる2人が再び感動を呼び起こす!

ペネロペは本作について「この脚本は、私の人生の中で読んだ最高のもの。複雑で大胆で、最初から最後まで驚きに満ちている」とコメント。その最高の物語の中で彼女は、愛すること、愛されること、仕事で成功すること——その全てを手に入れようとする情熱的なヒロインを圧倒的な演技力でもって演じている。

燃え上がるような愛と喪失、そして再生。女優としていま、最高に充実した時期を迎え強烈な輝きを放つペネロペから目が離せない! 『抱擁のかけら』は2010年正月第2弾、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top