『ツーリスト』監督インタビュー ジョニーの素を引き出し、アンジーで着せ替え遊び?

最新ニュース

『ツーリスト』
  • 『ツーリスト』
  • 『ツーリスト』フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督
  • 『ツーリスト』フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督
ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーのラブシーンを初めて実現させた男——。長ったらしい説明だが、この監督、名前も相当長い。フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。若くしてロシアに渡りロシア語とロシア文学を学び、その後、英国で哲学と政治学と経済学を専攻。それからようやく…と言うべきか、映画を学び2007年には初長編作『善き人のためのソナタ』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞し、今回、初めてハリウッドに乗り込み(というか、撮影はパリとヴェネチアで行われたのだが…)、この魅惑のサスペンス『ツーリスト』を作り上げたというわけだ。おまけに…何と2メートル5センチという長身! ジョニー&アンジーをどのように演出したのか? その長身から2人の演技を見下ろしながら何を感じたのか? 前作に続いて来日を果たした彼に話を聞いた。

初共演のアンジーとジョニー、2人の相性は「バッチリ」

傷心旅行でヴェネチアを訪れたアメリカ人旅行者(ジョニー)とある秘密を胸に秘め、彼に接近していく謎の美女・エリーゼ(アンジェリーナ)。この2人の出会いが、警察、マフィアなどを動かす大事件を巻き起こすことになるのだが…。まず最初に本作への参加が決まったのがアンジー。続いて彼女が熱望する形でドナーマルクス監督がメガホンを取ることが決まり、最後に残された1ピースとしてジョニーのキャスティングが決定した。ジョニー出演が決まるまでのこの一連の経緯について、監督はこう明かす。
「アンジェリーナの主演作を思い浮かべてみると、(ブラッド・ピットとの共演作である)『Mr.&Mrs. スミス』以外で、彼女の相手役がすぐに思い出せる作品ってそう多くない…つまりそれだけ彼女の存在感が大きいということなんだ。だからこそ、この映画では彼女の“影”にならない存在が必要で、それが誰かということでジョニーの名前が出たんだ。それで、話をしたら彼も興味を持って話に乗ってくれたというわけさ」。

とはいえ、この2大スターのスケジュールが合って、互いに話を聞いた時点で乗り気だとしても(それだけでも確率が高くないことは当然だが)、俳優として本当に2人が合うかどうかは未知数だった。
「“化学反応”って言い方をよくするけど、とにかく一流の俳優たちの演技はピカイチなんだから、それを『作り上げる』ことは決してできないことじゃない。でも、僕らはまず何より彼ら2人が互いを好きになれるのかどうかをしっかりと見極めたかったんだ。まあ以前、別の作品で“そうではない”現場を経験したことがあるけど、全く面白くなかったし、トラブルにもなったしね。だからこそ、2人が実際にどうなのか? というのはすごく重要だった。で、まず僕がジョニーに会ったんだけど彼はとても面白い男で、アンジーはアンジーで笑うのが大好きな女性なんだ。それで2人を会わせてみたら、バッチリだった。僕は、この2人が現場でも笑い合えるような作品——ライトな方向でこの映画を作っていこうと思ってたけど、撮影中も笑いがあふれる現場だったよ」。

大観衆に見つめられながら撮影された2人の親密なラブシーン

あらゆるシーンで最大限にゴージャスな衣裳やアクセサリーで飾り立てられたアンジー(カフェに朝食を摂りに外出するときまでもゴージャス!)に対し、海賊や不思議の国の住人っぽさなど微塵も感じさせないごくごく普通人として描かれているジョニーの姿が非常に印象的だ。ごく普通でいることが印象深い俳優もそう多くはいないが…。
「僕自身、ジョニーの大ファンなんだけど、どんなに彼の出演作を観ても『彼のことを知り得た』と思えることはなかった。謎の存在だったんだよ。だからこそ、今回の映画では観る人が『きっと素のジョニーはこういう人なんだな』というのを感じてもらえるようにしたかったんだ。彼はすごく面白くて、でもすごくシャイで家にいることが多い。ハリウッドのパーティで見かけることも少ないしね。彼のそういう側面を出せたらいいな、と思ってたんだ。アンジーに関して言うなら、この映画における彼女への演出の8割は、ドレスに関することだったと言える。僕は実は子供の頃からお人形遊びが大好きで、いつも服を着せ替えたり、髪をいじったりしてた。男の子だから周りには不思議に思われたけどね。前作の『善き人のためのソナタ』が僕のロシア文学好きの部分が反映された作品とすると、この映画はお人形好きの側面を反映したと言えるね」。

さらに、ヴェネチアでの撮影について尋ねると、こんなエピソードも!
「あの街は本当に美しく、古い建築や芸術が山のようにあって観光客も多い。でも、ジョニーとアンジーの2人にはかなわなかったみたいだね。撮影中、あの2人がいるところに、島のほとんど全ての人が集まってきているようだったよ。宇宙から人工衛星で見たら、僕らがどこで撮影してたか一発で分かったと思う。2人の親密なラブシーンを撮っているときは、まるで数万人の観客がいるロックコンサートの中にいるような気分で、大勢に見つめられながら撮影してたよ」。

背後の何万人の視線を想像しつつ、水の都で2人が繰り広げる、ラブシーンあり、コメディあり、サスペンスありのめくるめく活劇をお楽しみあれ!

《text:Naoki Kurozu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top