アンジェリーナ・ジョリーがパキスタンを訪問。大洪水被害者救済を世界に支援を訴える

最新ニュース

アンジェリーナ・ジョリー
  • アンジェリーナ・ジョリー
アンジェリーナ・ジョリーが7日にパキスタンを訪問、7月下旬に起きた大洪水の被害者たちと面会し、世界に向けて彼らへの支援を訴えた。

アンジーが訪れたのはパキスタン北西部のジャロザイ。大洪水で住む家を失った人々が身を寄せるキャンプを訪れ、わが子を亡くした母親や家の再建が不可能ではないかと不安に駆られた老夫婦などと面会、窮状を訴える彼らの言葉に親身になって耳を傾けた。

イスラム教徒の多い土地柄に合わせて、黒のヘッドスカーフと長い衣をまとったアンジーは「彼らの話に胸を打たれました。今日と明日で、パキスタンで支援を必要としている人々の存在を多くの人に知ってもらえるよう協力できればと思います」と語った。

7月下旬に発生した大洪水はインダス川に沿って被害が拡大していき、犠牲者は1,700人以上、1,700万人もの人々が被害を受けている。アンジーが親善大使を務める国連では先月11日に4億6,000万ドルの緊急募金を行ったが、現時点で集まった金額は目標の6割強の2億9,400万ドル。国連側はアンジーの訪問がより多くの関心を集めることに期待を寄せている。

《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top