ジョニー・デップ、ヴェネチアで親父ギャグ!? 「ボンジョルノ」を言い間違えて…

最新ニュース

『ツーリスト』ジャパンプレミア
  • 『ツーリスト』ジャパンプレミア
  • スクリーンにはジョニーが!
  • 『ツーリスト』ジャパンプレミア
  • 『ツーリスト』ジャパンプレミア
  • ファンは大熱狂!
  • ファンにひなあられを手渡すジョニー
  • ファンもびっくりなサービス
  • 笑顔で握手!
来日中のジョニー・デップが3月3日(木)、主演最新作『ツーリスト』のジャパンプレミアが開催された東京・六本木ヒルズアリーナにメガホンを握ったフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督とともに登場! 会場周辺に集まった約1,000人が熱狂的に出迎える中、レッドカーペットでファンサービスに勤しんだ。

本作は傷心旅行で“水の都”ヴェネチアを訪れたアメリカ人旅行者(ジョニー)が、電車で知り合った謎めいた美女・エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に惹かれたことから、警察やギャングが関わる国際的な大事件に巻き込まれていく紀行サスペンス。

昨年3月に行われた『アリス・イン・ワンダーランド』のジャパンプレミア以来、約1年ぶりに来日、ファンの前に姿を現したジョニーは、「こんなに寒いのに、待っていてくれて本当にありがとう! やっぱり日本は最高の国だね」と上機嫌。初共演したアンジーについては、「会ってみると、本当に普通なんだよ。地に足がついているし、いいお母さんでもある。驚きを覚えると同時に嬉しくなるね」と率直な印象を語ったほか、「お気に入りのシーン? やっぱり列車の中で、彼女と初めて出会うシーンだね。さりげない会話だけど、その裏にはいろんな駆け引きがあるんだ」とアピールした。

一方、ドナースマルク監督は「ミステリアスでロマンチック。いろんな要素を詰め込んだ楽しい映画になったと思う。ヴェネチアを旅した気分にもなれるはずだよ」とこちらも自信満々。さらに「イタリア語に“ボンジョルノ”って挨拶があるんだけど、ジョニーが“ボン・ジョヴィ”って言ってしまったことがあるんだ。あのときは力みすぎていたの?」とツッコミ。天下のジョニーが、水の都・ヴェネチアでまさかの親父ギャグ!? 真相は謎のままだが、現場の雰囲気の良さが伝わるエピソードだ。

ちなみに、今回来日できなかったアンジーは現在、慈善活動を行うために、アフガニスタンに滞在中。「実は今日、アンジーからメールが来て『日本に行けず、本当に残念。わたしも(プレミアに)参加したかった』と言っていたよ」とドナースマルク監督。確かにジョニー&アンジーの夢のツーショットが日本で実現しなかったのは残念だったが、それを補って余るほどのサービス精神を発揮したジョニーに、会場のファンも大満足だったはず。さらに本日3月3日(木)の“ひな祭り”にちなんで、超ラッキーな女性ファン4人にジョニー自ら“ひなあられ”をプレゼントする大盤ぶる舞いも! どこまでも心憎い男、ジョニー・デップであった。

『ツーリスト』は3月5日(土)より日劇3ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top