アンジェリーナ・ジョリー「話ができる友達はいない」と告白

最新ニュース

アンジェリーナ・ジョリー
  • アンジェリーナ・ジョリー
7日、8日と大洪水の被害に苦しむパキスタンを訪問していたアンジェリーナ・ジョリーが、自分には友達がいない、と少し寂しい告白をした。

パキスタンで報道陣と談話中にパートナーのブラッド・ピットの話題が出ると、アンジーは「私はブラッドとよく話します。彼は様々な問題についてできる限り知ろうとしているし、2005年にパキスタンで地震が発生した後には私と一緒にここを訪れています」と語った上で、「私には話ができるような友達はあまりいません。ブラッドが唯一、話せる相手です」と明かした。

ブランジェリーナ家の6人の子供たちも、母親であるアンジーの言葉に耳を傾けるようになっているという。「子供たちにも話します。少しずつ世界について知っていくことで、彼らがより良い人間に成長する助けになっていると思います」とアンジーは語る。

CNNに出演したアンジーは、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使として4回パキスタンを訪問していることに触れ、「4回とも訪問の理由は違います。1つの危機が去ると次がやって来る。パキスタンの人々はあらゆる災害に直面し続けているのです。今回の洪水でも1,800万人が被害を受けましたが、そこには170万のアフガニスタンからの難民もいるのです」と同国の厳しい状況を説明し、引き続きの支援を訴えた。

《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top